スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりグライシンガーも獲得だって

いるかいらないかは別にしても、誰も獲らないよりはいいでしょう。補強する気というのを、少しでも見せてくれてくれれば、いいでしょうと思うようにします。

これで補強終了 ロッテ、元巨人のグライシンガー獲得

ロッテは9日、昨季まで巨人に在籍したセス・グライシンガー投手(36)=190センチ、90キロ、右投げ右打ち=を獲得したと発表した。1年契約で年俸40万ドル(約3千万円)。巨人時代の2008年に17勝をマークするなど日本での5年間で通算47勝30敗、防御率3・25の成績を残している。

 林信平運営本部長は「日本で大きな実績がある。ローテーションの一角に入ってほしい」と期待を寄せた。同本部長は補強について「一応これで(終了)と思っている。思い描いた補強で満足している」とも話した。

(ニッカン)

ホワイトセルはまだしも、グライシンガーの話が出た時にはいやいやいや~いいよ~と思っていましたが、年明け最初のお仕事はまた大好きな祝日の発表となり、グライシンガーの獲得が正式に発表になりました。そして悲報も入り、残念ながらこれで補強は終了といういちいち言わなくていいことまで発表してくれました。補強はホワイトセルと、グライシンガー・・・。サブローにお金を使ってしまったため、2人で6千万弱・・・。ま、まあ、しょうがないですよね・・。とでも言っておきます。誰も獲らないよりはいいですし、若手だって期待したいですからね。

とりあえず入団が決まったからには応援したい、これは私のスタンスでありますし、ホワイトセルの加入時に書いたように、4番として、長距離砲として、かなりの期待をしている、そんな状況の中でこのグライシンガーの加入のニュースが聞けました。先発、しかも、右、しかも36歳と、確かに?がつく補強ではありますが、それでも冒頭に書いたように誰も獲らないよりはいいと考えるしかありません。個人的には怪我、手術明けという点に加え、今年少し投げたときの球威のなさも見てきましたから、先発は数だけはいるマリーンズの候補の中の1人として、まずはローテ入りから競争してもらいたいです。確かに実績は充分ですがそれは数年前の話であり、昨年であれば大谷や上野の方がグンと数字を残していますし、藤岡なり中後なりの方が期待値ははっきり言って上であることは確かです。先発でいえば成瀬・唐川・ペン・藤岡・俊介・上野でもう6人であり、小野・中後・阿部なんかとの戦いになってくるのかなあと、それくらいにしか今は思っておりません。

大分首脳陣の期待とは離れてはいますが、それでも数年前の精密機械のようなグライシンガーの投球は好きでしたし、あれが7割でも復活するとなれば2ケタは十分狙える選手であることは間違いありません。外国人特有の環境を変えればまた復活する、ということだって充分考えられますし、そして一流選手から片足外れかけたグライシンガーが、千葉は幕張の地で煌きを取り戻し、そしてなくてはならない、ファンに愛される選手としてしっかりと貢献してくれる助っ人投手に復活してくれることを願ってやみませんし、そうなればフロントにだって、首脳陣にだって、ファンの印象はかなり変わってくることにもなりますので、他球団のファンからなんだよ、グライシンガーまだ出来るじゃないかといわれ、ふっ、いい補強するだろ、うちのチーム、と鼻高々に自慢できることを今から楽しみにしていますから、しっかりとロッテで試合を作る仕事を全うできるように頑張って欲しいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
でもこれで終わりって寂しいですね・・。やっぱり。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ
ジャンル : スポーツ

大人になったサブローに期待しましょうか

なんか、言うことひとつひとつがかっこ良くなっている気が・・。ジャイアンツへの留学はまちがいじゃなかったのかもしれません。

「巨人の選手は妥協しない」サブロー Gイズム注入へ

FAで復帰したロッテ・サブローが、QVCマリンで「巨人イズム」によるチーム改革を明言した。

 昨年6月にトレードで巨人移籍し「巨人の選手は妥協しない」と貴重な経験を得た。「複数のポジションができればチームのためになる」と本職の外野にこだわらず、一塁守備も視野に入れる。活性化のため、各ポジションで競い合ってチーム力の底上げを狙う。「最下位からもう一度日本一という気持ちでやっていく」。2度の日本一を知るベテランが力強く宣言した。

(スポニチ)

他の記事では以前は慣れて自分に甘かったとか、初心に戻れたとかも話していますし、なんか大人びて帰ってきた感じがして少しというか結構嬉しくなっている自分がいます。
サブローはもっとやれるのに、走塁も守備も怠慢だ、というのはここ数年言われてきたことでもありましたし、信じられない草野球のような打球の追い方をしたりしている時もあったくらいでしたから、やっぱり相当慣れというか、環境に甘えていた部分はあったんでしょう。それでもロッテの顔としてしっかりとやってきてこれたサブローが何だか一皮むけたような発言が多く、そしてこのファーストチャレンジということですので、サブロー自身にも危機感があるとも思えますし、チーム愛があるからこそ、このままではいけないなと強く感じているんじゃないか、そんなことまで考えてくれるサブローが復帰したこと、なんというか以前のサブローではなく、もっと成長したサブローが戻ってくるということは戦力というより、昨年いなかったリーダー格の選手、ベンチをまとめる選手が出来たこと、これこそが1番の補強なんじゃないかなと思います。

井口とともにチームをけん引する存在になって欲しく、2011年はこういう選手が全くいなかったからこそチームとしての粘りというか、前を見る姿勢というのがなくなったチームになっていましたので、そういったチームの雰囲気を変えることが出来る選手が帰ってきてということは、今年非常に楽しみですし、やっぱりロッテはまじめにまじめに野球をやってもどんどん暗くなるだけですので、何か明るく楽しく、エンジョイベースボールで野球を楽しみながらシーズンを乗り切って欲しいと思いますし、そうすればきっと今年は上に行けると、そうも信じています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
期待するのは数字もですけど、その存在感!です。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。

おい!伊藤ちゃんにもっとやってやれよ!

ろろろろろ、ろくせんまん・・。いいいいい、いっせんまんあっぷ・・・。はあ、伊藤ちゃん、誠実過ぎます。


伊藤 シュート習得へ西本コーチに弟子入り志願

ロッテの伊藤がQVCマリンで契約更改交渉に臨み、1000万円増の年俸6000万円でサインした。

 史上4人目となる新人から5年連続50試合以上登板を今季の目標に掲げ、「球の質が落ちないように肩や股関節の可動域を広げたい」と話した。春季キャンプでは昨季ほとんど使わなかったシュート習得に取り組む。シュートが代名詞の西本投手コーチが1軍復帰したとあって「アドバイスをもらいたい。シュートがあればスライダーが武器になる」と意欲を示した。

(スポニチ)


4年目でのこの6000万という数字は非常に立派で、誇れる金額であることは間違いなく、伊藤ちゃんがいいのであればこれはこれで構わないことなんですが、しかしながらせめて6500万、普通に考えればそれ以上は出してあげるべきなんじゃないの、それが私の意見です。
もうこのブログで恐らく100回は言っていますが、けなげにどんな時でも、どんな場面でも、せっせとマウンドでまた割りに励む伊藤ちゃんは私は大好きですし、マリーンズになくてはならない存在の投手であるということは間違いありません。いて当たり前だと思っている節が強いということは、あの忌まわしい陽のバット直撃流血事件の後に明らかになったわけであり、あれで痛がる伊藤ちゃんを見ながら、今季終了の文字が頭をぐわーっとよぎったことは言うまでもありません。
ルーキーから4年連続の50試合登板は物凄いことで、今季も当たり前のように50試合投げてくれるんだろうなと、期待というより計算に入れなきゃチームが成り立たないという感じになってきています。藤岡の加入に加え、唐川の成長、上野もようやく1人前になり、1シーズン働ければですが2ケタは簡単に行きそうなペンもいるという先発の厚みを、1年間しっかりと回して行けるように支えていくのは伊藤ちゃんを始めとするリリーバーの大きな責任です。ましてや困った時の伊藤ちゃんの格言通りに、勝敗に関わる大きな場面、ランナーがたまっている場面での登板というのが非常に多い投手ですから、もうちょっと頑張ってあげてもらいたいなあと思います。それこそが大谷や古谷などのリリーバーたちへの希望ともなりますし、ポテンシャルにも関わってくると思います。契約更改の場面で股関節と肩の可動域を広げるといった何とも記事にしにくいことをサラリと言ってのける伊藤ちゃんにも御見それ致すと共に、しっかり来季のやるべきことがわかっているというのは非常に嬉しいです。

そしてシュートをシュー得ということですが、これもまた素晴らしいことです。さすがに緊迫したところでは使えないでしょうが、それでも投球の幅が広がることは間違いなく、こういう部分も伊藤ちゃんの評価できるところではあります。スライダーは伊藤ちゃんの生命線ですから、シュートをちゃんとマスターできれば、もう1つ皮がむけるというか、レベルアップ出来るんだろうなとは思います。1点台というのは当たり前、平野、宮西、そしてファルケンボーグなど強力なライバルはたくさんいますが、そのなかで最優秀中継ぎを是非とも狙って欲しいですし、そういったタイトルを取らせるように、やっぱり起用法はちゃんとしてもらいたい、改めてこれはお願いしておきたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
伊藤ちゃん抜きでは今のロッテは成り立ちませんよ。それくらい、重要な選手です。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ
ジャンル : スポーツ

成瀬も唐川も背番号位勝てる!・・・・はず

成瀬っていろんな人に嘗められてるというか・・。涌井にもなんか色々言われてたし・・。優し過ぎるんでしょうかねえ。それよりもこの唐川には今季も頑張ってもらわないと!


唐川 ライバルにけん制「成瀬さん辞めちゃうんですか」

ロッテ・唐川がQVCマリンで自主トレを公開した。「タイトルに絡んでいきたい。やっぱり勝ちたい。勝つためにやっているので」と高卒投手では球団最速となるプロ5年目での最多勝を目標に掲げた。昨季は自己最多の12勝をマーク。さらなる飛躍へ、昨季プロ5年目で最多勝を獲得した楽天・田中へ挑戦状だ。

 「今年は(得意球の)スライダーも狙われる。昨季は使えなかったチェンジアップを握りを試しながらやっていく」と緩い球の本格習得に励む。元日にブログの不正侵入で引退騒動に巻き込まれたエース成瀬との開幕投手争いも「成瀬さんは辞めちゃうんですか?」とけん制球を投げつけ「当然やりたい気持ちはある」と大役へ意欲十分だ。正月早々、清田、神戸と結婚ラッシュが続くが「僕は全然まだまだ結婚したくないです」とキッパリ。22歳右腕は今年も野球一筋で初タイトルを目指す。

(スポニチ)


タイトル通りでいえば唐川は19勝、という計算になってしまいますが、しかしながら今年の春先から夏前にかけて、田中を上回る防御率で進んでいた唐川ですから、これが1番難しいし最大の課題なんですが、苦悶の夏場を乗り切りさえすれば、この19勝をいうのも見えてくるんじゃないか、そうも思っています。さすがに期待値が高すぎるんじゃないかとも思いますが、それでも可能性は決して0ではないですし、ずーっと言っていますが夏場、暑い暑い夏さえ元気に乗り切れば見えてくる数字だと考えています。
春先、3位辺りにつけて、食い下がれたのもひとえに唐川のお陰という部分がつよく、唐川が投げれば勝てるという状態にあったからこそなんじゃないのかなと、そうも思います。終わってみれば2.41の数字はいい数字ではありますが決して満足できるものではなく、あと0.5は縮められたんじゃないのかなとも思え、そうすると1点台も全然可能ですし、逆に来季は1点台位を目標にして貰ってもいいのかもしれません。紆余曲折は多少あるもののようやく12勝という結果を残すことが出来たし、まだまだ4年目ですから順調にドラ1が育っていると言っていいでしょう。まだまだ先は上、ということは唐川を知っている人間ならだれもが思うことであり、12勝の2.41で甘んじている場合ではありません。最低でも今季以上の成績は残してもらいたいですし、ロッテファンの希望として順調に伸びて行って欲しい2012年にしたいと思います。

そして記事とは関係ない成瀬に関しても、17勝、これは唐川よりも達成率は高いと思われます。最低でも勝ち越しと被弾数のマイナス6%でレッツ省失点を実践してもらいたい2012年であり、10勝っても10負ける投手というのは残念ながらエースではありません。しっかりイニングを食えること、1年間タフに投げ込められることなど、素晴らしい点はいくつもある投手であることは間違いないですし、ロッテを代表する投手であることは認めてはいるんですが、それでも2007年や2010年の短期決戦での素晴らしい投球を見るにあたって、もっとやれるのにとか、もっとできるのにとは思わざるをえないところがあります。こういう部分が涌井や唐川にちくちく言われてしまう原因のひとつなのかもしれません。誰にも何にも言わせない成績を、招き猫ではなく仁王様としてでーんと立つ存在に、そろそろなって欲しいと期待しております。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
これに藤岡と、ペンと、上野に俊介と・・。ああ、なんだ。優勝するじゃん。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。

清田結婚おめでとう!今季は勝負ですよ

元日婚とは非常にめでたい。さあ、飛躍せねば!しかし今季は厳しい道のり・・・。

ロッテ・清田、元日婚発表!高校時代の同級生と

ロッテの清田育宏外野手(25)が3日、元日に婚姻届を提出したことを公表した。

 お相手は高校時代に同級生だった女性(26)で、昨年12月下旬のハワイ旅行でプロポーズ。婚姻届を手に「結婚しよう」と思いを伝えた。そして、背番号「1」にちなんで1月1日に東京都内で婚姻届を提出した。清田は「凄く気を使ってくれる人。料理も上手です」と笑顔で話した。

 昨季は6月に死球で右手人さし指を骨折したが、復帰後は9月14日の日本ハム戦(東京ドーム)で初の4番に座るなど自己最多の78試合に出場。勝負の3年目へ「とにかく今年はケガをせずに1年間フル出場したい」。生涯の伴侶を得て、決意新たにスタートを切る。この日は千葉県柏市内での新春トークショーに参加。約300人のファンの前で「私事ですが結婚しました」と報告すると、大歓声と拍手で祝福された。

(スポニチ)

初の4番、そして自己最多の78試合試合出場という数字。これでマリーンズファンは喜んでいるかというと決してそうではなく、むしろもっとできた、もっとやれて当たり前だと思っていたシーズンだった為に、2011年は記事よりももっともっと不本意なシーズンであったことは、おととしの活躍っぷりをみていればよーくわかります。
そもそもオープン戦では1番センター候補としてそこそこ打っていたのが絶好調の岡田に開幕スタメンを奪われた段階でどーもおかしくなったというかどつぼに嵌ってしまい、4月は1割8分と大きく出遅れてしまったのが昨年の清田の運の尽きでした。5月は少し持ち直したかと思えば、岡田・伊志嶺の台頭ですっかり6月7月は出番が激減。大松や工藤といった選手にスタメンどころかちょっとした出番まで奪われる始末となってしまいました。ただ大松と工藤の調子が下がるにつれて清田が力でスタメンを取り戻した夏場以降は当然評価できますし、逆にいえば一気に出て来た角中にスタメンを明け渡さなかった、この部分も大きく評価していいと思います。9月10月はしっかり2割後半打っていますし、そう考えれば来季は2割後半に2ケタ本塁打、これくらいは何も期待し過ぎではなく、清田が1年間しっかりやってくれればこれくらいは残せると、そうふんでいます。

しかしながら今季、ただでさえ激戦である外野にサブローと荻野が加わります。荻野は恐らく開幕は間に合わないでしょうから開幕スタメン、という部分では省いてもいいかもしれませんが、それでもサブローの加入は清田にとって刺激以外の何物でもないでしょう。9月以降も角中が背中を押してくれたからこそ数字を残せたと、そういう風に考えることもできるので、そう考えるとサブローの加入は清田にとって大きく成長するビッグチャンスなのかもしれません。長打力を考慮すればそれはそれは今のマリーンズ打線ではスタメンとして出て欲しいという気持ちが大きく、この清田次第とは昨年も書きましたが、今年もそうだと思っています。

とにもかくにも結婚をしたことで、体調管理、とりわけ体重管理に関してはこれまでよりも上手にできると思います。春先、昨年みたいにつまずかない為にも、きっちりと、今季は勝負なんだという気持ちを忘れずに、もっともっと飛躍して欲しいというのはマリーンズファンの総意だと思いますし、特に同い年の私にとってみれば、成瀬と共にチームの顔、荻野と共に野手陣の顔になってもらいたいと願う、そんな2012年の初春です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
サブローはDHで、でもそしたら角中が・・。外野はかなり層が厚いです。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
231位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。