スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合のない日は音楽を。野球中継の曲を集めてみました

さて、今日は雨天中止。仕方ありません。こんな日は音楽でも聞こう!ということで毎日見ているスポーツニュース、野球中継より、私の好きな音楽を適当にピックアップしてみました。当ブログをご覧の皆さんなら1度は聞いたことがあるはず。ということで早速行ってみたいと思います。では、どうぞ。


はい、ではまずこれからです。始まりという感じがしますよね。夏の8時半、デーゲームのスタート、これは日本人なら誰もが聞いたことある、名曲です。



そしてこれ。ご存じBSのハイライトテーマソングです。これは車やお風呂で歌ってしまうほど好きです。大学時代はこればっかり毎日見ていたので、自然に耳と頭に入ってしまいました。あ~、かっこいい、かっこいいぞNHK!



ハイ、これも定番です。あ~、かっこいい。かっこ良すぎます。聞くだけでワクワクしてきます。映像が古いのはご愛嬌ということでひとつ。フジ!という感じがしますね。名曲です。




そして今のサンデースポーツのテーマソングです。
勝ち試合だと、ああ、早く!早く見せてくれという気持ちになります。かっこ良すぎますね。これも。ゆっくり雑魚寝しながら見る番組ですので、これも頭に入ります。

という感じで、ちょっと定番ばかりになってしまった感じになりましたが、楽しんで頂ければと思います。やはりこういった音楽を聞くと個人的にテンションが上がります。試合のない日はこういった曲を聞いて時間を潰すというのもなかなかいいのでは、と思います。しかしオフにこういった曲を探して聴いていると、野球見たい病に体が蝕まれるので、かなり注意が必要です。

さーて、明日は成瀬と千賀です。交流戦前の最後の3連戦。このあとがゆったりした間隔で試合が続いていくだけに、ここはピッチャーを多少つぎ込んでも構いませんので、勝ちにいく野球、あきらめない野球がみたい週末です。せっかくの表ローテ、唐川藤岡にゆとりを持たせてバトンを渡すためにも明日はエースでしっかりと勝ちたいところですが、成瀬の微妙なピッチャーにマリンで負けるという何度も見ている光景が、ちょっぴり不安です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
選手達はこの休息で休んで頂き、さあ3連戦。勝ち越しましょう!
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

ラグビーの分まで 頑張れ流経大柏サッカー部

ラグビーは負けてしまいました。しかし、サッカーは大金星。頑張れ!

リベンジならず…流通経大柏がっくり「万年ベスト8」

【全国高校ラグビー 流通経大柏10―32大阪朝鮮高】流通経大柏は昨年同様に準々決勝で大阪朝鮮に敗れた。

 後半7分に10―10としたが、最後は突き放されて初の4強入りはならなかった。6度目の8強進出も壁を越えられなかった松井監督は「万年のベスト8。やはり相手が上手だった」とがっくり。今大会は初めてAシードで臨み、FW一辺倒のチームから明大入学予定のWTB堀米らBKにも回す全員ラグビーを展開。しかし、指揮官は「決定力がなかった。与えられた環境の中で頑張ります」と出直しを誓っていた。

(スポニチ)

2010年、今年も昨年同様大阪朝鮮高に負け、流経のラグビーはまたベスト8で終わりました。今年は念願のAシード、今年はやれると思ったのですが、それでもまた同じ相手、同じ舞台で敗れてしまいました。2008年は御所実・工に敗れ、2007年は桐蔭学園に、それぞれ敗れ、ベスト8の壁をどうしても突き破れません。守りに入るのか、それともメンタルの部分なのかはわかりませんが、どーしてもベスト4に行けません。今年は2試合無失点で挑み、今年こそはと思ったのですが一気に32失点するとは思いませんでした。強いチームの強い試合をしてきた場合にありがちな、一気に崩れてしまった印象もあり、焦りも感じました。来年こそ、来年こそ花園で壁をぶち破り躍動する流経フィフティーンに期待します。


全国高校サッカー:流経大柏、地元大声援受け4強 8日、国立で準決勝 /千葉

第89回全国高校サッカー選手権大会で流経大柏が5日、千葉市中央区のフクダ電子アリーナで準々決勝に臨んだ。地元の大声援を受け、昨年優勝の山梨学院大付に2-1で逆転勝ち。準決勝(8日・国立競技場)に駒を進めた。

 流経大柏はインターハイ全国制覇の市船橋を予選で破っての大会出場。この日は、選手のユニホームと同じ赤色の服を着た応援団が声を合わせ、横断幕を張りめぐらせる「ホームゲーム」となった。ラグビー部が花園で全国4強の壁を破れなかっただけに応援には一層熱がこもり、勝利の瞬間、「やったー!」と喜びに沸き返った。

 相手のクリアボールが顔に当たり、跳ね返って同点ゴールとなったFW宮本拓弥選手は試合後、「国立はずっとあこがれていた夢の舞台。活躍したい」と決意を新たにしていた。

(毎日新聞)

対するサッカーは準々決勝で前回王者を破り、国立入りを決めてくれました。ごっつあんゴールもあったようですが、それもまた運も実力のうちです。素晴らしい相手に勝利しベスト4です。流経の選手権といえば2007年、大前を擁して最強流経を全国にみせしめた大会が強く印象に残っています。それに比べればまだまだかもしれませんが、3回戦ではPKを2本止めるなど、夏の成田のような快進撃を見せていますので、是非優勝目指して頑張ってほしいと思います。準決勝は8日土曜日に久御山(京都)と対戦。勝てば10日、立正大淞南(島根)と滝川二(兵庫)の勝った方と対戦します。関東もあとは流経だけ。10日の決勝の舞台を目指し、まずは土曜日頑張ってほしいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ロッテ関係ないですが、千葉のチームに今年最初にトップになってもらいましょう。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会
ジャンル : スポーツ

デンマーク戦が大一番です

さて、今日は試合がありません。天気もいいし、昨日の流れで試合をやりたかった感はありますが、それは勢いそのまま、明日からのオリックス戦で勝ち越せばOKです。

さて、大白熱のワールドカップ。大会前はあれほど盛り上がらなかったにもかかわらず、今はどこをつけてもワールドカップ一色です。当然でしょう。決勝トーナメントまで行けそうになるとは思ってなかったですもんね。

デンマークより“走る”日本、でも戦力はきっ抗

FIFAの公式サイトによると、日本の総走行距離は2試合合計約218キロで、デンマークを約10キロ上回る。

 ちなみにトップは2試合とも11キロ以上走った遠藤だ。2試合での被シュート数は日本が計20本に対し、デンマークは倍以上の41本となっており、日本は守備力に自信を持ってよさそうだ。ただ、パスの成功率は約7割のデンマークが日本の約6割を上回り、放ったシュート本数もデンマークは23本と日本の15本より多い。得失点差では日本が有利だが、戦力はきっ抗している。

(スポニチ)

勝ち点は並んでいますが、得失点差は1つ日本が勝っており、引き分けでも決勝進出となります。まさにお互い死力を尽くしての戦いになり、見ごたえたっぷりの一戦になりそうです。しかしながら、3:30~っていうのは・・・。残念ながらリアルタイムでは見ることが出来そうにありません。早く寝れば何とかなりますが、ロッテの試合見たいですから寝るわけにもいきませんし。

上のデータでも、走行距離は日本ですが、じゃんじゃんシュートを打つのはデンマークのようです。川島には何とか先制点を与えないことを第一に考え、踏ん張って守って欲しいと思いますね。引き分けでもいいのですから当然守り重視で。デンマークは勝たなければなりませんから、攻撃に時間を費やしてくるでしょう。そこを守れば、何とかなりそうですね。今年のワールドカップはいろいろと波乱含みの結末が多いですから、油断することなく戦って欲しいと思います。
しかし毎回毎回ワールドカップになるとエセサッカーファンが急増することには辟易します。普段サッカーなどウイイレでしか見たことがない人間が、大久保は~・・とか岡田批判をしている姿は本当に呆れます。あななたち大久保の所属チームご存知ですか?普段の大久保みたことありますか?と思ってしまいます。

第一回のWBCのときに、自称ジャイアンツファンの野球はあまり詳しくない先輩から、薮田は、今江はとしたり顔でとんでもないことを言い、本気で腹が立った記憶がありますので、この時期のあの狂騒っぷりには正直あまりいい気がしません。サッカーをよく知らないのなら「頑張れ!日本!みんな代表なんだから頼むぞ!」ぐらいのスタンスでいいと思うのですが。どうもなんか批評したがる姿には納得がいきませんね。たぶんみなさんあまりJリーグ見ていないでしょうし。

そんなサッカーの知識のあまりない私が、デンマーク戦のスタメンを予想してみました。

1 ショート 本多
2 センター 森本
3 サード 中村
4 レフト 松井
5 キャッチャー 阿部
6 ライト 川島
7 セカンド 田中
8 ファースト 仲澤
9 ピッチャー長谷部

少し下位打線が弱いですね。これなら監督批評が出るのも納得かも・・・。トップの本多の得点に期待します。 

決戦は木曜未明です。頑張れ!ニッポン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
マリーンズも決勝トーナメント(=CS)出場に向けてがんばりましょう!
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。

23人につなぐ夢の架け橋

W杯にのぞむSAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表!

2010FIFAワールドカップ南アフリカにのぞむSAMURAI BLUE(日本代表)のメンバー発表会見が発表されました。

GK 楢崎 正剛(名古屋グランパス)
GK 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
GK 川口 能活(ジュビロ磐田)

DF 田中 マルクス 闘莉王(名古屋グランパス)
DF 長友 佑都(FC東京)
DF 内田 篤人(鹿島アントラーズ)
DF 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
DF 駒野 友一(ジュビロ磐田)
DF 岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
DF 今野 泰幸(FC東京)

MF 松井 大輔(グルノーブル/フランス)
MF 長谷部 誠(VfLヴォルフスブルグ/ドイツ)
MF 本田 圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
MF 遠藤 保仁(ガンバ大阪)
MF 稲本 潤一(川崎フロンターレ)
MF 中村 憲剛(川崎フロンターレ)
MF 中村 俊輔(横浜F・マリノス)
MF 阿部 勇樹(浦和レッズ)

FW 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
FW 岡崎 慎司(清水エスパルス)
FW 玉田 圭司(名古屋グランパス)
FW 森本 貴幸(カターニャ/イタリア)
FW 矢野 貴章(アルビレックス新潟)

(JsGOAL)


少し、いや、かなり遅くなりましたが、W杯23人メンバーが発表になりました。水戸・正田醤油スタ(草津)・ニッパツ(横浜)・小瀬(甲府)をはじめとして3000人しかいない国立なんかにも足を運んだことのあるJ2フリークの私にとっては、セレッソの香川や大分育ちの西川が入っていないことは少し残念ですが、それでもまあ、納得のいく人選であったと思います。今年に関してはほぼサッカーは見る機会がなかったので偉そうな事は言えませんが、まともであり、また少しサプライズもある人選はまあ、岡ちゃんらしいっちゃらしい人選ではないでしょうか。

今年ノーゴールのFW、矢野を選んだことは、最下位に沈むアルビレックスの中盤では仕方ないところであり、また、野球と一緒で同じタイプばかり集めてもチームとしてばらばらになりますから、矢野の選択は大いにありで、ゴールの期待はできなくとも、アシストの期待は十分できます。

川口は、中沢や渡辺じゃなかった中村俊が「能活さんが選ばれたことが嬉しい」と発言したことから、戦力というよりむしろ精神的支柱としての期待でしょう。それほどまでの人徳があるのですから、第3GKとして出場機会がないと思いますし、これはこれでありではないでしょうか。

矢野=亀井としてみると、何でもこなせる亀井を選んだことは原ジャパンでもありでした。出場機会もないだろうなとの不安をよそに試合にも出ましたし、年齢に見合わない守備固め・代走で影の活躍をしてくれましたので、終わった後に亀井などやはり選ぶべきではなかったとの声は自然と減りました。矢野にはそれほどの活躍をして欲しいことは言うまでもありませんが、ほとんどの確率で3試合しかないだけに、10分出られればいいかな、と現実的には思いますので、そこでしっかり新潟代表として堂々とプレーをして欲しいと思います。

川口=宮本、とも思いますが、国際経験豊富で精神的支柱のベテラン、とこの2名は共通点も多く、まあ、なんでもこなすベテラン、若手を落ち着かせる役目との見方が強いでしょう。遠い南アフリカでこの存在は唯一無二の存在であるでしょうから、このような役割を素直に期待したいところです。
ただ、前田智とも見て取れるな、とも思ってしまった私もいて、もし仮にWBCで前田智がいたら・・・と思うとまた私の妄想が止まらなくなりました。イチローも天才と仰ぎ、もし代打でヒットでも打とうものなら、日本のベンチは大盛り上がりになったはずです。みたかったな、アメリカでの、本当のサムライ魂。サムライジャパンなど謳うのなら、呼べばよかったのに、とも思いますね。それこそ、超サプライズになりますが。次回のWBCに期待します。(その時はコーチの可能性の方が高いですが)

なにはともあれ、W杯のグランドに立てる資格保有者はこの23人。決勝トーナメントに進めとの無茶はいいません。前回と違って肩ひじ張らず暖かく見守る日本人は多いでしょうから。そこで、世界とも対等に戦えるんだぞ、との意気と魂、WBCではそれが見ることはできましたから、ワールドカップでも、負けても我々に感動を与えてくれるような、そんな期待をこの23人に託したいと思います。
これで、決勝トーナメントに行けば、もうお祭り騒ぎでしょう。コソッと期待していますよ。頑張れ!ニッポン!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日から交流戦。仕事を終わらせ、ハマスタに行ってきます。優勝めざせ!マリーンズ!最後にクリックしていただければ嬉しく思います。

たまには上品にフィギュアでも書こうかな

素晴らしい活躍です。日本が1番!

浅田「少しゆっくりしたい」=「自信にしたい」と高橋-世界フィギュア

【トリノ(イタリア)時事】フィギュアスケートの世界選手権で、2年ぶりに女王に返り咲いた浅田真央(中京大)が優勝から一夜明けた28日、「今回は金メダルというより、パーフェクトに滑りたいと思っていたので、それができたのがうれしかった」と喜んだ。
 コーチなど来季の体制はこれから決めていくと言い、「(プログラムに)3回転-3回転(連続ジャンプ)を来季は入れたいと思うし、今までと違う曲調を選ぶと思います」。30日に帰国し、4月にはアイス・ショーに出演する予定だが、「五輪も終わり、これが一区切り。4年間頑張ってきたので、少しゆっくりしたい」と語った。
 日本男子初優勝を果たした高橋大輔(関大大学院)も取材に応じ、「(優勝を)自信にしたい。来年の東京大会はかなり重圧もあると思うが、照準を合わせたい」と意気込みを新たにした。
 5月には、2008年11月に右ひざの手術をした際に埋め込んだボルトの除去手術を受けるという。大けがから、バンクーバー五輪で銅メダル、世界王者に輝くまでの1年半を振り返り、「メダルを取る上で必然的なことだったと思う」と実感を込めた。

(時事通信)


あまりフィギュアスケートは見る機会がないのですが、今回トリノで行われた世界選手権では男女共に金メダルとこれ以上ない結果となりました。
個人的には昨日の安藤美姫の渾身の滑りと、その後の緊張から解き放たれたような顔が印象に残りました。

採点に関しては、また振る舞いに関しても色々言われているように個人的に思うところはありますが、それでもバンクーバーの覇者がこの世界選手権でも滑ったという事実は褒められるべきだとは思います。

浅田真央はトリプルアクセル決めまくりでバンクーバーとはまた違う、より完成度を高めた演技は素晴らしいものがありました。

男子の高橋大輔の滑りは見てないんですが、金は天晴れ。自信になるとのことですので、ソチでは期待しています。
フィギュアスケートに関しては全くのど素人でサルコウとかルッツとかの違いも良くわかりませんが、男女共に金、そして日本フィギュア界の黄金時代到来を予感させてくれる素晴らしいグッドニュースですね。
見ていてもなかなか面白いです。
これからはフィギュアも少し見てみようかなと、素人にそんな気持ちを抱かせてくれる、素晴らしい世界選手権でした。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
345位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。