スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後任は伊東勤だそうな

やはりそうみたいですね。重光オーナー一族の鶴の一声、なんでしょうね。

ロッテ新監督 伊東勤氏の就任決定的!

ロッテの新監督に、前西武監督の伊東勤氏(50)が就任することが11日、決定的となった。

 今季限りで退任した西村徳文監督(52)の後任として、球団が就任を要請する方針を固めた。伊東氏は韓国プロ野球・斗山のヘッドコーチとして今季から2年契約を結んでいるが、就任に支障はないもよう。早ければ週明けにも正式発表される見込みだ。西武監督1年目の04年に日本一に導いた手腕に、チームの再建を託す。

 2年連続でBクラスに低迷したロッテ。巻き返しは伊東氏の手に託された。生え抜き以外の日本人では、97、98年に指揮を執った近藤昭仁氏以来となる。球団関係者によると、伊東氏は既に球団フロントから打診を受けており、現在のスタッフの留任を含めた組閣作業を、急ピッチで進めているという。

 この日、中村家国球団社長は監督問題について「進捗(しんちょく)状況についてはお話しできない」と話すにとどめた。一方で「できるだけ早く決めたい。希望としては秋季キャンプまでにはと思っている」と、11月1日からの千葉・鴨川での秋季キャンプを新体制でスタートさせたい意向を示した。

 今季は前半戦で最大15の貯金を稼ぎながら失速したロッテ。首位打者に輝いた角中や、新人で43ホールドポイントを挙げた益田ら若い力も育ちつつあり、伊東氏の指揮下で3年ぶりの日本一を目指すことになった。

(スポニチ)

現在韓国でコーチをしている伊東監督の就任がやはり決定的になりました。まあ、最初から伊東監督を軸に、なんて書いてありましたし、それ以外の人選を現フロントが出来る訳もないでしょうから、すんなり行くでしょうという風に思っています。問題は伊東さんが断ったときがまた難しいなと思うんですが、それでも今はもうすでにオファーも行っているみたいですし、来季は伊東マリーンズで決定というところでしょう。

伊東監督の2004年はプレーオフ元年ということと、松坂くらいしか記憶になく、詳細にどんな野球をしていたかまでは記憶しておりませんので、あえてここではいろいろ調べずに、どちらかというとフラットな姿勢で見ていきたいと考えています。伊東さんの印象としてはやはり我が強そうという部分が一つで、西部のフロントとはもめた経緯もあるみたいですから、ロッテでもそうなるんじゃないかという思いはありますし、西村監督とはまた違う雰囲気が出るんじゃないかと思います。

選手のことを思うと当然ある程度の組閣は今月中にやってもらいたいところでありますし、クビとわかっているコーチに秋季キャンプを任せるなんてことがないようにお願いしたいです。コーチ人事に関してもクイックにやってもらいたいという気持ちが1番で、1日でも早く新体制を作り来季に向けたスタートを切って欲しいと願うばかりです。

本当にチームとしてはポテンシャルが高いんです。それだけは今年の試合を見て思いました。来季の今頃は暇しているんではなくて、チケットを机に並べ週末を待ちたいと、そう今から1年後を想像しています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
とにかく来季は楽しいシーズンに。とりあえず早いところの就任会見に期待です。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

想像がつかない・・・?

うーん、別にいきなり文句を付けるつもりはさらさら無いのですが、伊東氏とは意外でした。接点も思い浮かびませんし、伊東監督のマリーンズのユニフォーム姿はちょっと想像がつきませんね。想像がつかない分、期待と不安と半々といったところでしょうか。

そういう私ですが、実は子供の頃は西武ファンでして、そして一番好きな選手が実は伊東さんでした。まあ子供の頃の話ですから、キャッチャーなのに足が速いのが格好いいとか、その程度の理由だった気がします。tomten様の松本投手に対する思い入れに比べれば、どうと言う事もないのですが。

まあ、そんな訳で、個人的には楽しみと言いますか、興味は津々です。

ただ、監督時代の印象は、私もあまりぱっとしないんですよね。いつもむすっとしていた様なイメージです。

とりあえず、以前の印象は一旦クリアして、フラットな心境でお手並み拝見したいと思います。

常勝チームの扇の要を長年に渡り務め、森野球の後継者筆頭的存在だと思いますので、勝つ為の野球は熟知している筈です。里崎の後継者育成が急務なチーム事情ともマッチすると思います。問題は、フロントも含めた今のチームとうまく融合出来るか?選手達が付いていけるのか?ヘッドコーチの役割も重要になる気がします。

新監督

案外早かったですね。フロントの偉い人たちがオーナーとお話して「西村監督じゃ客が呼べない」ということで解任が決まったとききました。観客動員数を問題にして結論が伊東監督か…、という感じは否めないのですが、正直お金稼いでくれた監督ってボビーだけだったから仕方ないか(爆)
今年後半のファンの間での猛烈な西村監督に対するネガティブキャンペーンの結果が伊東監督招聘であれば、ファンも責任とって応援せねばなりますまい。
新監督には選手の適性を見極め、自分のやりたい野球より選手の能力を用いた試合をしてほしい。
管理人さんと意見違うかもですが、マリーンズはポテンシャルは高い。ただそれはスカウトが激しく優秀だからなだけ。選手たちは素質の生かし方を知らない、途上のチームだと思います。
伊東監督という選択肢をチョイスしたので、個人的には選手が戦術を理解するには時間がかかるだろうと感じますが、マリーンズナインも時間かければあの頃の西武みたいな野球ができるようになるのかも。
フロントもファンも早急な結論だけは出すのやめましょう。
伊東監督も西武の監督としては中途半端でしたから、引き受ける以上は打倒西武で頑張ると信じます。あとはコーチ人事ですね。

お手並み拝見

意外な人選ではありますが、いいんじゃないでしょうか。ライオンズ黄金時代を
築いた一人であることと捕手出身というのは買いますね。特に里崎選手一人に
依存して後続が全く育ってないことを考えると、来季は捕手の育成が緊急課題です。
この辺は期待出来そうですね。
それに外様の監督ですから、今までのようなナァナァの馴れ合いから一転して
厳しい環境になるということはチームにとってもプラスだと思います。常勝軍団の
OBは監督コーチ含めて結果を出している人が多いですからね。ぬるま湯に
浸かっていた選手には荒療治になるかもしれませんが、強くて面白い野球が
出来るようなチームにして欲しいですね!
私もジャッジせずにしばらくはニュートラルな目で見ていこうと思います。

伊東氏

伊東さんっていうと、西武の現役時代が浮かびます。西武の監督のイメージは無いです。伊東さんが監督だった頃は私はプロ野球は見ない人だったからです。
伊東さんが監督になるなら、西武時代の森さんのような采配をしてもらいたい。
ただ、西武と違うのは生え抜きのスーパースターがいない点でしょうか。森さんの頃は清原、秋山(ホークス現監督)、デストラーデがいて、投手では東尾、工藤、森、渡辺(現ライオンズ監督)、伊東捕手でしたからねぇ。
今のうちは外野陣は良い選手揃いですが、清原、秋山のような大砲では無い。
成瀬、唐川、藤岡がいるけど、東尾、工藤にはかなわない。
それなりに、若手で良いのはいるけどまだまだ大成していない。本当なら我慢しながら育てて3年後5年後黄金時代になるような起用ができると良いんですけど・・・
まあ、難しいでしょうね。
上からの締め付けとか分からないですが(特に資金的な物や観客動員など)、のびのびとやって欲しいですね。
自分の思い通りの組閣が出来るかどうかは分かりませんし、仲良し内閣も良いことはないでしょうから、バランスの良いコーチ布陣になると良いですね。
2軍はきっちり育てて(加えてキチンと再調整させて)、1軍は勝ちに拘る(と言っても全試合勝つのでは無くどうやれば最大限の力が出せるかと言うことに拘る)布陣になると良いと思います。適材適所が出来ると良いんですけど。

まあ、新体制ですからまずは、見守りましょう。

>在外Mファンさん

コメントありがとうございます。
関連性は今韓国にいて、実績を出しているというところを重光一族が見ている等のが大きなポイントでしょうね。何だか長期政権になりそうな気がしています。ほほ~、昔は西武ファンだったんですね~。確かにかなり興味は沸いてきています。どちらかというと楽しみの方が強いですね。チームとの連携も非常に気になるところではありますね。フロント、選手がついていければいいんですけどね。捕手整備も含めて、今は非常に楽しみです。

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
確かに「観客動員減」がひとつの理由であれば、伊東というのはなかなかわからない部分がありますね・・。確かに、ポテンシャルは高いですが、その中でも途上部分なのは多いですね。角中がいい例で、一気に覚醒する選手、というのがここから出てきて欲しいと思います。伊東監督はなかなか難しい野球、いわば昔の西武の緻密な野球というのがありそうですよね。じっくり戦術、方向性を決めながら選手と共に戦ってもらいたいです。そのためにもコーチ人事は非常に重要ですね。

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
大きな課題のまま残ってしまった捕手育成は、この伊東体制時に作ってもらいたいですね。それに雰囲気もやはり外部招聘だと変わってくるでしょうから、その辺にも期待したいです。これまでの空気とはまたまるっきり変わるでしょうね。サブローや井口は本当にのほほんとしてられませんね。これまでのなあなあな空気を是非壊して、いろいろと伊東色を出していくのもまたいいかなと思いますね。

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
戦力的には西武黄金時代とはまた違うと思うんですが、それでも強いチームを作って欲しいという部分は変わりないですね。緻密で、戦術がしっかりしている野球を期待しています。若手はいい選手たくさんいますから、その辺を上手く戦力にして欲しいなあと思います。仲良し野球、勝手な野球はちょっとやめてもらいたいと思いますね。コーチ人事も含めて、非常に楽しみにしています。どこかしら悪い部分も見えると思いますが、それでも勝ちぬくチームを作ってもらいたいですね。

伊東監督について

僕のイメージではやはり西武としてのイメージが強いですね。
あとは捕手として活躍したなと。
ただ、いきなり不満を言うわけではありませんが、西武ファンの話を聴くと采配や退団した経緯を含めると良くないイメージが付きまとっている気はします。
あとは、就任1年目に日本一になった監督ですけど、ロッテ球団側の考えを先読みすると早急な結果を求めているのかなと思えてきます。
優勝を目指さないチームなんてありませんけど、長期的な視野で見ることも重要だと思う。

どんなチーム作りになるかはまだ先の話になりますけど、生え抜き監督から外様監督に入れ替わる状況は全体的にどういう方向性を見出そうとしているのか見極めたいところですね。

新監督には、選手みんなを公平に見てほしいですね。
あと、前監督をうまく利用するのも良いかも。例えば、「救援陣は、前監督が酷使したから、蓄積疲労や故障を抱えている」とはっきり言ってしまうとか。
マイナスからのスタートになるのは間違いないので、予めファンに知らせておくということです。契約縛りがある選手も、公表すれば良いでしょう。
ただし、「最初から言い訳をしている」と、多くのファンには不評でしょうけど・・・

ベテランが多いので、無理してでも世代交代させてほしいですね。

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
確かに西武の方ではフロントともなかなかうまくいかず喧嘩別れしたみたいですね~。不安もありますね。確かに仰る通りで、私も長期的に見て欲しいともいますし、コーチにも気を使って欲しいと思いますね。今は楽しみですが、やはり来季もじっくり1年間見てみたいですね。チームの雰囲気も変わるでしょうから、その辺も見たいですね。

>大阪の一ファンさん

コメントありがとうございます。
なるほど、そういうことを使うのもひとつかもしれませんね。でもまあ、色々な選手をためして欲しいですし、しっかりとキャンプでは見極めて欲しいですね。マイナスからのスタートは間違いありませんですから、世代交代と捕手育成は急務ですからね。頑張って欲しいですね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
392位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。