スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就任会見終え、期待すること②

サンスポにもなかなか味のあることを言っていました。エースは成瀬、唐川が1年・・。それは解っているんですけどね・・。

【伊東監督トーク】最後まで失速せず優勝争いを

--ロッテの印象は

 「新旧交代で難しい時期。若手で元気な選手がいるので機動力がある。守備力を重視して守りの野球をやりたい」

 --来季の目標は

 「最後まで失速せず、優勝争いをして粘りたい。基本を重視する野球で、練習のための練習ではなく、勝つための練習をしたい。派手さはないが、コツコツやれば成果は出る」

 --来季の構想は

 「チームには若手、中堅、ベテランの3層があり、使い分けるのが大切。レギュラーも楽に与えるのではなく、競争で相乗効果が上がる。能力以外に、選手の人間性や性格も分析してやっていきたい」

 --投手力は

 「エースは成瀬だと思っている。唐川らが1年間しっかり投げてくれれば、いい成績につながってくる。藤岡は昨年、大学ナンバーワンだと思っていた。彼の投球を見るのも非常に楽しみ」

 --西武時代の同僚、渡辺(西武)秋山(ソフトバンク)両監督がいる

 「非常に楽しみ。うれしいです」

 --背番号は「83」

 「西武(の監督時代)は『83』だった。現役時代の『27』と足すと、語呂合わせで110(伊東)になるから」

(サンスポ)

ここでは投手力に関して、またいろいろな戦術面に対して一問一答をしています。
やはり気になるのは投手力ですが、やはり野手出身だからなのか、昨日のように里崎の後継者は絶対に必要なんだという熱い語りようではなく、なんだか1解説者のような言葉しか聞けなかったことは残念には思います。確かに韓国にいましたし、なかなかそこまで見る機会はないでしょう。それに投手に関してはあまり口出しをしないような感じにも見受けられます。
言っていることはその通りなんですが、やはり実際に試合を見ていないと、これに尽きるんでしょうか。たった3行ではありますが、これではやはり有能な投手コーチ、これは絶対に不可欠になると思います。投手のことが一人出来る投手コーチがどうやら来季は投手成績を左右しそうですし、ディフェンシブな野球を目指していくからには、今現時点では伊東監督では若干の不安は有ります。

ですが、外野手、これに関しては非常に明るいのいかなと思います。機動力を使える選手はとことんたくさんおりますし、恐らくサブローと大松はファーストとなり、外野の争いにくることはないのではでしょうか。岡田や荻野といったところは足も速く、非常に小技も利く重宝する選手です。清田をファースト、DHに角中は暴論ですが、そうなれば荻野・岡田・伊志嶺という布陣も出来上がります。それくらい素晴らしい選手がそろった外野争い、これは非常に楽しみです。ひとつのお願いは清田をできるだけ試合に出させてあげて欲しいというところで、個人的には第二のサブローとして4番や3番を打たせてもいいと思います。とにもかくにも外野は激戦ですし、使い方さえ誤らなければ、日本ハムに負けない、なかなか最強の布陣をかけられる気がしてならず、この辺は伊東監督のタクトに期待しています。

そしてパリーグ勝ち抜けはやはり優勝のファイターズでした。3試合、全く危なげなく、自分たちの野球をやり通した姿勢は素晴らしく、感服します。なんにも文句のないパリーグ代表。是非是非日本シリーズでもセリーグを倒し、パリーグの意地を見せてほしいという気持ちでたくさんです。ナイスチームでしたが、アシストしたのはマリーンズであることはやはり悔しいですので、来季はありがとうマリーンズと言われないように、王者相手に来年はとことん食らい付き、追い付け追い越せで行ってほしいと、早くも今から視線は来季です。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
そしてセリーグは中日が王手・・。CS、いいなぁ。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

就任会見に思うこと

確かに投手力に関しては、実績のあるコーチに一任してほしいですよね。
と言っても素人では誰が良いのかわかりませんが、やはりコーチと言うのは会社で言うところの上司に当たるクラスなので監督が社長なら、いくら社長でも一人で出来る事は限られるのでうまく機能できるようにしてほしいものです。

あとはコメントだけを聴くなら理想的とも言えるけど、考え方一つで地味にも思えます。
勝利すれば文句なしですけど、まずは観客も魅了できる野球が望ましい。
その為の基礎であれば歓迎ですけどね。

話が変わりますが、グライの残留が厳しくなりそうですね。
西本コーチの退団が尾を引きそうで、選手にとっては環境面も大切ですからいくら同じ球団にいてもコーチが変われば精神面に影響を及ぼしそうです。
この辺は監督が替わって一新される一方で、それまでの旧体制で活躍してきた選手にとっては環境が変わり難しく感じる選手も出てくる一面を感じました。
こうなると、グライの残留よりも他の面で投資をすべきかもしれませんな。

最後にCSファイナルはパリーグがあっさりと日ハムが3連勝。
しかし、小久保の胴上げは非常に印象的でした。
野球人生に大きな影響を与えた選手に対して敬意を表すシーンとして感動的な場面ですな。

今日から秋季練習スタート、参加を免除されてたベテランも呼び出して就任挨拶のようですが…といっても主力のかなりは今宮崎だけど(爆)
ドラフトやトレード次第で来季の選手陣容が変わりますからまだ分かりませんが、むしろ選手層が格段に薄い内野手のほうが方向立てやすそう。外野手はどう方向つけるのでしょうか。外野手の中では現在は角中、清田が図抜けてて次いで岡田が走攻守のレベルで抜け出したと考えます。一方で控えにするにはもったいないのが伊志嶺や荻野や工藤のスピードなわけで、果たしてキャンプなどでどういう判断をし起用するのか。これはコーチの仕事で、現段階では大塚コーチの役目。伊東監督とどうコミュニケーションをとって仕事するか見たいです。
投手は、分析するほど時間がなかったんだろうな(苦笑)マリーンズの課題は先発じゃなくてストッパーですからね。抜擢するのか配置転換するのかトレードや外国人選手の補強でまかなうのか。
伊東監督自身から「新旧交代の時期」と語られました。意外な抜擢があるかもしれません。どなたを投手コーチに起用するかでアイデアも変わりそうですよ。誰が来てくださるのかしら…。強気に大物を招聘してほしいな~。

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
やはり投手コーチはかなり重要なポストになってきそうですね。監督は野手出身であり、まだまだやることはたくさんありますから、投手陣くらいは預けて貰いたいものですね。その為にもやはり1番に気を使う場所だと思いますし、どういう組閣をするのかを非常に注目しています。グライシンガーは西本さん慕ってたんですね。仲良さそうでしたし、何よりカーブ解禁で飛躍させたのは西本さんの力ですからね。残留要請はするでしょうが、仕方ないかなあという気持ちも出てきました。あまり跳ね上がるんなら新外人でもいいかなあと思います。

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
確かに宮崎のマリーンズは角中始めいいメンバーですよね~。そして来季ですが、やはり外野は層がかなり厚いだけに、こちらの方がかなり頭を悩ませそうな感じはしますね。内野はまだ実力差、経験差が表れますが、外野は非常にいいメンバーが揃いましたからね。角中清田岡田が基本ラインというのは私も同意見ですけど、伊志嶺や荻野も使いたいところです。ピッチャーはやはりストッパー確立ですね。恐らくは配置転換なのかどうなのかですが、ここも是非競争して競わせて貰いたいです。ピッチングコーチは誰になるんでしょうね~。楽しみです。

来期の課題

まあ、来期の課題としてはやはり、内野でしょうね。特に井口の処遇を含めて層が薄いですね。井口を抜いたとして、守備重視となるとショート根元はお世辞にもうまいとは言えません。守備だけなら12球団最下位かもと思わせますから。
そうなると、セカンドに根元(井口が来るまではセカンドだし前年はそれなりに結果を出していましたから)、ショート大地でしょうし、現有戦力ならそれが理想でしょうけど、外野ほどの選手層とは言えません(まあ、翔太とか高濱とかを1軍で使っていないから分からない部分がありますが)。また、新聞報道でもあるように、里崎の控えが・・・・
田中じゃ差が大きすぎると監督も言っていますから。そういう意味じゃ小池とか江村当たりの採用もありかも。
投手は、てんとう虫さんが言う抑えの方が課題が大きい。薮田の衰えは目に見えていますし、内は故障しがちで無理できない感じだし、益田も抑え向きでは無い感じだし。
先発はそれなりに数は揃っているし、ダメでも1試合だけの影響だけど、抑えは勝ちパターンの試合では全試合に関わるから。
まあ、ドラフトでストッパーを取るというのはあり得ませんから、チーム内で育てるか、トレード、外人を取るのどれかになるので、一筋縄ではいかないですね。
先発に関してはドラフトでどう取るかでしょう。
今年の益田とかのような、お宝のような選手が取れると良いなぁと感じています。
まあ、一位で東浜が取れて、2巡目以降で捕手、内野手で良い選手が取れるのが理想ですね。
そういう意味では益田、大地は掘り出し物ですね(当然藤岡は良かったですが)

あとは、良いコーチの顔ぶれが揃って欲しいですが。

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
遅くなりすみません・・・。来季はやはり内野の層というのが非常に厳しい状況ですね。根元、井口も明確な短所がありますし、一寸先は闇です。セカンドに根元はどうやっても置きたい部分ではありますが、井口のプライドもあるでしょうし、やはり層がなかなか、ですね。クローザーは個人的には外人が見たい部分は有りますけどね~。ロサがああいう風になってしまいましたし、新外人にはなによりロマンがありますね。ドラフトも非常に楽しみです。昨年は100点ですが、今年は即戦力ばかりというのもちょっとなあ、とも思っています。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
300位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。