スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他球団気になるニュースシリーズ6

移動日恒例のやつです。ハイ、ではちゃきちゃきいきます。


オリ岡田監督、今季最大級の大噴火

オリックス岡田彰布監督(52)が今季最大級の大噴火だ。怒りの矛先は痛恨の失策を犯した二塁手後藤。1-2で迎えた9回の守備で、2死二塁から一、二塁間の打球を後ろにそらし、ダメ押し点を許した。

 怒りを必死に抑え、声を震わせた。「だから結局、そういうことやろ! 走者が二塁でも、あそこはダイビングしてでも止めなアカン。軽すぎるんや。重みが分かっていないって、重みが。野球の」。打球には追いついていただけに状況判断の甘さを嘆いた。

 負けていても守護神レスターを投入した。きっちり抑え、最後の攻撃で逆転を期す構えだったが水を差された。さらには「二塁は捕手のミットが見えるんやから。観察力がなさ過ぎる。正面でもいいゴロやで」と、配球に応じたポジション取りにもケチをつけた。

 後藤の二塁守備は日ごろ高く評価してきただけに失望も大きかった。打撃では6回に1点差に追いつく左越え二塁打を放っていたが、まるで容赦はしない。当の後藤は「へたくそ」と一言残すのがやっと。正捕手日高に続く2軍降格は科さないが、鬼指揮官の1球にかける厳しさが日増しに目立ってきた。

(ニッカン)


岡田監督が大噴火、というタイトルですが、後藤の守備の甘さに対するものでした。これでは怒るのも無理はないでしょうが、この1球で容赦なくスタメンはく奪、となるのでしょうか。ここまで頑張っている後藤ですがスタメン落ちとなるとオリックスの戦力自体が下がることは言うまでもなく、さすがの岡田監督もわかっているとは思いますのでそれはないとファンの方は思いたいでしょう。しかしながらお粗末な守備であることは言うまでもありませんし、2位西武に勢いをつけていったこともまた事実です。ただこの厳しさが今年は間に合わなくとも来年、再来年に岡田政権のオリックスが飛躍しそうな、そんな気がするニュースです。今季も台風の目になりそうなチームの雰囲気ですから、このロッテキラー・後藤の処遇には少し注目したいと思います。


楽天・辛嶋&川岸、頼れるKKリレー誕生!

リリーフ陣が田中を好救援。七回から登板した2年目右腕・辛島が、最速144キロの直球とチェンジアップで2回を1安打に抑えると、九回は川岸が3人で締め3セーブ目。お立ち台に上がった辛島は「目の前の一人一人を抑えていこうと思ってました」。川岸も「一戦一戦やるだけ」。頼れるKKコンビが誕生だ。

(サンスポ)

楽天は後ろの投手が確定しないまま開幕を迎えましたが、ここにきて8回辛島ー9回川岸とつなぐのが形になってきたようで、この辛島の奮闘ぶりが今やブルペンを支えています。同じような境遇だった西武も藤田の奮闘ぶりがブルペンを支えていますし、オリックスの守護神・レスターと共に5球団とも後ろの形が整備できている状況になりましたね。
ブルペンの整備というのは上位に行くキーですので、やはり7回までにリードしていないと厳しい状況となります。

このチームを除いては・・・。


日本ハム、5度目の3連敗…借金最多14

日本ハムが今季5度目の3連敗で、借金は最多の14に膨らんだ。先発の武田勝は五回まで2失点と試合をつくりながら、3-2の六回に四球を出し、二死満塁で降板。代わった2人目の武田久が逆転を許した。梨田監督は「継投の形ができない。そこがはっきりしないと、なかなか勝てないよね」と悩ましげだった。

(サンスポ)

「継投の形ができない。そこがはっきりしないと、なかなか勝てないよね」

その通りです。
まさかの連続でこんなに借金を作るとは誰も思わなかったでしょうし、前年度の優勝チームです。
武田久の乱調、4月の怪我人続出、試合を作れない先発・・・。何度も言うように昨年度の優勝チームです。
なにがなんでもありえ・・・るんです。パリーグは。ああ、怖い怖い。
これから先どのような順位変動があるかはわかりませんが、ブルペンを落ち着かせないと上位には上がれないでしょう。これだけは確実に言えることです。

マリーンズも昨日はブルペンの勝利となりました。しっかりと中継ぎ以降を整備し、怪我人等のアクシデントにもあわてないようこれからもいきましょう。さあ、明日から首位攻防!頑張って行きましょう~千葉ロッテマリーンズ!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日は岸と俊介だ!打ち崩してアタマを取りましょう!最後にクリックしていただければ嬉しく思います。

スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

気になるニュース

まずオリックスについては、守備を重要視している岡田監督にとってはこういうプレーは一番頭を悩ませるんですよね。
後藤のスタメンを外す事は十分考えられるでしょう。
個人的には後藤に対してはロッテキラーというより、清水直キラーとして見ていたのでこの辺はあまり気にしていません。
むしろ、大引が怖いです。
マリンではとにかく打ちまくるので。

楽天についてはまだまだ試している段階に思います。
ま~、次の楽天戦は6月なのでとりあえず注目かな。
モリーヨはどうしたのでしょうか。

日ハムについては仰るとおりですね。
気が付けば両リーグ通じて10勝に到達していないのも日ハム。
契約最終年の梨田監督としてはこれは大誤算と言うしかありません。
まだ勝ち越し0ですからね。
ただ、そんな心配もGWの対戦が終わるまでしませんよ。
その対戦で去年の6勝越えを果たさなければいけないしね。

No title

>ちょろさん

コメントありがとうございます。

岡田監督はまず守りから入りますよね。だからローズもクビを切ったと思いますし。大引・・・恐怖ですね。カブがいないのはありがたいですが。
モリーヨはストライクはいらないみたいですよ。ただ、今のブルペンは頑張っていますよね。侮れないです。
日本ハムは本当に大変ですよね。油断しないようマリーンズもけが人は出ましたが、GW3連戦勝ち越して欲しいと思います。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1846位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
254位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。