スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角中1番!清田は来年出られるのか

1番角中、2番荻野・・。DHはサブローか・・。清田の場所や、如何に。


角中 来季1番構想 5番から伊東流オーダー組み替え

ロッテの伊東勤新監督(50)が17日、首位打者の角中勝也外野手(25)を1番打者で起用する構想を明かした。

 「角中はクリーンアップを打たせることもあるかもしれないが、できれば1番打者に回したいと考えている」

 角中はブレークした今季、主に5番で起用されていた。チームトップだった61打点が示すように勝負強さを買われたものだが、新指揮官は・366という高い出塁率にも注目。さらに「打の柱になる選手は今のところ見当たらない」という苦しいチーム事情も加わる。今季までの打順を大シャッフルして伊東流のオーダーに組み替える上で、角中を斬り込み隊長として指名し「(1番打者の)出塁率を上げて、主軸が角中を生還させるのが理想」と語った。

 角中も来季の目標について「もっと出塁率を上げたい。できれば4割を目指したい」と言った。今季の四球は38個。セ・パ両リーグで出塁率が4割を超えたのは巨人・阿部(・429)、日本ハム・糸井(・404)の2人で、四球はそれぞれ69個と75個。出塁率を上げるには選球眼を磨くことが不可欠で、角中も「今季は追い込まれてからボール球を打って安打にすることも多かったけど、四球を選べるようになりたい」と話した。

 今季、西村前監督は7人を1番打者として起用。最多は岡田の70試合で、角中も4試合に出場した。5位からの巻き返しに向け、伊東監督は1番を固定させた安定した戦いを求めている。角中は50メートル6秒2で足も速く、8盗塁を記録。指揮官の思い描く新リードオフマン候補は、相手にとって脅威になる可能性を十分に秘めている。

(スポニチ)

今年は固定オーダーながらもなんだか流動的でもあり、なかなか安定した打線を組むことはできませんでした。これもひとつチーム急降下の要因と考えられますし、打線がつながらず、残塁キングダムとなったことも事実と言えるでしょう。

その中でこの伊東流のオーダーというのも面白く、1番は角中というスタイルを明言しました。1番打者にはやはり出塁率が重要であり、角中にその資質があることは間違いありません。1番角中という攻撃的なオーダーはかなり私好みでもあり、1番今岡、1番高橋由など、結構最近は攻撃的な1番打者というのが成功しているようにも思われますので、賛成は賛成です。

ですが、そのかわりに当然失うものもあるわけで、それは今年5番としてあれだけチャンスで打点を稼いでくれた角中がいなくなるということもあります。1番角中はそれこそチャンスメーカーの割合が強く、塁に出ても還す人間がしっかりしていなければ話になりません。得点力は塁に出るということの他に、返す人がしっかりして初めて得点が入るものですから、その辺りは非常に穴を埋める選手が必要になってくるというのは当たり前のことです。

外野は他に岡田のセンターが確定でしょうから、あとは荻野・清田・伊志嶺辺りで1枠を争いつつ、ホワイトセルがファーストを守るのであれば、DH枠を福浦やサブローと争うという、非常に激戦になってきます。

2番に誰が入るかで一気に変わってきますが、2番には個人的には荻野を入れたいですし、9番には岡田。そうすると外野は埋まります。しかし個人的には5番に清田を入れたい・・。という気持ちもあります。もしくは、3番に根元、5番に井口という方法もあります。今までは3番は井口、終盤は覆りましたが2番は根元、というように、ある程度固定された打順というのが比較的多かったですが、そこは首脳陣が変われば大きく変わってくることと思います。野手としては非常に魅力的な選手が多いと思いますし、昨年の鈴木の台頭、高濱の成長、伊志嶺の後半の復活など、有る程度層の厚さも出てきているようにも思います。
投手陣は今現在非常に心配ではありますが、捕手以外のポジションはある程度レギュラー確約ポジションというのがありません。全ては伊東監督の伊東流の打線の組み方、スタメンの配置になってくるでしょうから、オープン戦なんかを含め、かなり注目していますし、今から楽しみです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
野手起用に関しては、柔軟に、適材適所で・・。を希望です。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

オーダー

角中一番というのは、ちょっとビックリしました。
普通の一番のイメージだとロッテなら、岡田、荻野貴、伊志嶺当たりの足の速い選手ということが普通で、このうち誰を使う?と考えてしまいますけど、この3人は出塁率で言えば確かに角中には劣ります。
ですから、この3人の打撃が好調ならその誰かをという形が自然なんでしょう。
角中を1番に持って行くことで、角中の良さがそがれなければ良いけどと思います。
本人のコメントも「もっと選球眼を磨く」という感じでしたが、今年はボール気味の球をファールにしたりして粘って、ヒットにしていた感じがあったのが、それをしないとなると、ヒット数が減る可能性もあるのでは?と心配してします。
今年なら手を出してファールにしていた球を、見逃して(選んで)審判にストライクとされてしまったら、逆効果となる可能性もありますから。

ま、角中1番という新打線が機能するかしないかは、3,4番もしくは9番の出来次第と言うことになるかもしれませんね。
そういう意味ではオープン戦が重要になって来そうですね。

なるほど

3番・角中かな、と予想しておりましたが、1番ですか。まあ、まだ色々と構想を練っている段階でしょうけど、1番も面白いかも知れませんね。出塁率ももちろん、足も結構速いですし。

ただ寿限無様も仰っておりますが、スタイルの崩れは確かにちょっと心配ですね。うまく順応してくれると良いですが。

外野は嬉しい悲鳴ですね。角中は当確として、岡田でさえうかうか出来ませんね。残り2つのポジションを4人で、新人の加藤もからんできてくれれば5人で争う事になりますね。調子や相性で日替わり、或いはスタメンとゲームの後半で変わってくるかも知れませんね。

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
角中の1番はかなりビックリしましたね~。ただ出塁率等を考えれば、個人的には攻撃的になりますし、賛成です。仰る通り、出塁率に固執し、思い切りの良さがなくなってしまうのは心配でもありますね。ただ角中らしく、自分のペースでしっかりと順応して貰いたいですね。ヒットが減っては元も子もありませんからね。やはり還す人がきっちりしてくるかどうかですよね。得点力増強には、いくら出塁しても還さなければなりませんからね。

>在外Mファンさん

コメントありがとうございます。
角中の1番は意外でしたね。首位打者ですし、3番というのが基本なような気もしますけどね。スタイルの変更も心配ですね。思い切りの良さだけは何番でも継続してもらいたいものです・外野手はかなり層が厚くなりましたね~。個人的には清田、荻野はスタメンでこそ輝くと思いますし、辛抱強く使って欲しいというのが個人的な意見です。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1946位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
278位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。