スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西岡が虎を変えそう

今日は他球団の話題で行きましょう。そうは言っても西岡の話題です。なにはともあれ、なかなかやはり野球を知っているというか、こういうところは、やはり健在、なんでしょうか。

阪神西岡“くせ者”ぶり発揮!セーフティーバント&ダミー守備

「阪神紅白戦、白0-2紅」(13日、宜野座)

 阪神は13日、宜野座球場で紅白戦を行い、白組の「1番・二塁」でスタメン出場した西岡剛内野手(28)が初回の第1打席で三塁前へセーフティーバントを成功させた。意表をつく一瞬のプレーに、客席のファンは拍手喝さい。守備でもダミーで捕球姿勢を取り、二塁走者のスタートを遅らせるなど、勝つための“ずる賢さ”を存分に見せつけた。

 プレーボールから数分後、白球が絶妙の勢いで三塁線へ転がった。一瞬、球場の空気が止まったかのように誰もがあっけにとられた西岡のセーフティーバント。三塁のコンラッドが突進し、懸命のランニングスローも間に合わなかった。エンジン全開の背番号7はすでに、一塁ベースを軽やかに駆け抜けていた。

 「いい投手と対戦するときは初回の第1打席が大切。ああいうセーフティーは盛り上がる。うまくできた」。西岡は初球セーフティーの意図をこう説明した。あらかじめコンラッドも「バントが得意なのは知っていたので、前に守っていたけど完ぺきなバントを決められた」と脱帽。実戦初安打は、一瞬で敵を出し抜いた内野安打だ。

 さらに、「生きるためにやっているので、スタートが大事になる」と一塁へ駆け抜けたスピードはロッテ時代をほうふつとさせた。DeNAの横山スコアラーは「走れるかどうかと見ていたけど、走れる」と断言。巨人の三井統括ディレクターも「イヤだよね。いきなりああいうのを見せられると」と顔をしかめる。

 シーズンに入り、西岡のバントを警戒して相手の内野手が前にくれば、おのずとヒットゾーンは広がる。和田監督は「スキあらばと言うところで技術的にも高いものを持っている。他球団のスコアラーも見ていて、見てるのも計算してやっている」と称賛を惜しまない。色んな効果、敵の反応を考えながらプレーする“ずる賢い”一面。それは守りでも発揮されていた。

 六回、1死一、二塁から柴田のハーフライナーが二塁後方へと上がった。打球を追った西岡は捕球できないと判断すると、正面を向き「OK!OK!」とかん高い声で捕球姿勢に入った。

 だがこれはダミー。その動作に思わず反応した二塁走者・田上がスタートを切れず、ホームまでかえれなかった。「普通にやるよりは、何かやった方がいい。それで引っかかってくれればラッキー」。背番号7はしてやったりの表情だ。

 地道に、寡黙にプレーする選手が多い阪神で、西岡のいやらしさが加われば良い相乗効果が生まれる。勝つために、何かやってやろう‐。その意思がチームを変えるために間違いなく、必要だ。

(デイリー)

2010年は爆発的に西岡のキャプテン就任から一気に日本一迄なった年ですが、荻野貴がやはり前半はかなりチームを引っ張りました。井口に関してもそうですが、西岡が塁に出てはちょろまかちょろまかする為に、打者に神経を使うことができなかった為に荻野や井口が生きた、そんな時期があったように思います。野球に関してはかなり頭がいい西岡でありますし、メジャーに行ってもその辺が変わらないのは流石の一言です。メジャーではなかなか試合に出ていなかったですし、どうなんだろうとは思いましたが、そこは西岡、今年からは切り替えてやっているようです。
恐らく今年は1番二塁、このポジションになろうと思いますが、機動力がなかなか使えず、また大味な野球しかできなかった阪神を変えそうな感じがぷんぷん漂っておりますし、非常に期待大、というところではないでしょうか。統一球の経験がないだけに結局2割6分、というのはありそうでもあり、また個人的にもそれくらいではないのかなと思いますが、今では関西マスコミを惚れ惚れさせています。もともとマスコミやファンを味方につけるのは非常に得意な選手ということもあり、なんだかんだで阪神に骨をうずめるというか、阪神でなくてはならない選手にと成長していくような気もしています。メジャーで失敗しても全然そんなムードを出さなかったり、簡単に離婚したりと、なかなかなんだか意味不明なところはありますが、それも含めて西岡剛という存在であり、また魅せられるのも事実ではあります。
土のグランドで守備も難しいとは思いますが、足や攪乱という阪神にはあまりないものを持っている選手ですから、福留や日高といった大型補強組と合わせて、3年ぶりの日本球界を注目して見てみたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
そして今年も頑張れ加藤康介!
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

元気なようで(笑)

西岡は自分の持ち味を充分出しているようで、安心です。
アメリカに行っている間に統一球の導入があり、自信もアメリカで足をケガしていてその後の調子が分からなかったので、気になっていましたが、セーフティーバントとかで足を使った攻撃が出来るようなら安心です。
アメリカから帰ってきて全然ダメと言う事じゃ、情けないですから。
これで、1番定着なら阪神にとっても補強大成功でしょう。特に、西岡タイプはいませんから、以前の新庄剛志を彷彿とさせるよなスピード感のあるプレーで新たな阪神の剛になって欲しいですね。
阪神が強くなって、DeNAが強くなると面白くなりますしね。
個人的にはDeNAと広島が上位に絡んでくれると嬉しいですね。
Aクラスを(阪神を含めて)この3チームで争うような展開になるとセリーグも面白くなるので。
まあ、冷静に戦力分析するとGが1番では有りそうですが、WBCとの絡みもあるので、スタートダッシュで転けると混戦になりそうなんですけどね。
WBCもキャンプが始まりだんだん野球モードが全開になってきて、嬉しい限りです。来月早々にも再度パリーグTVを契約しないと・・・・(笑)

>寿限無さん

返信遅くなり申し訳ありません。コメントありがとうございます。
西岡はアメリカで本当にどうなるかと思いましたが、今のところはさすがの活躍っぷりですね。阪神は赤星なきあとスピードに欠けている部分がありますので、こちらにも期待ですね。確かに西岡の成功は大きな補強になりそうです。DeNAもどうなんでしょうね~。かなり強くなりそうな感じはしています。いずれにせよセリーグの順位変動がないと面白くありませんね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
364位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。