スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC終戦

当然今日は、昨日書いたようになかなか見ることはできませんでした。年度末、営業マンとしては数字を作る作業や来年度の計画なんかをいろいろと作っていたので、ほとんど見ることはできませんでしたが、負けた、という報道は出て来ました。ただただ、残念です・・。では、見ていきましょう。


やはり1番のポイントは8回、3点を追いかけ、鳥谷の3ベース、井端のタイムリーで3-1、そして内川も続いての1死1・2塁のチャンスを得た場面でしょう。個人的には、ここで阿部に回ってくるのが野球のめぐりあわせというか、前回いい場面でイチローに回ってきたのとどうように、野球の神様はまだまだ見捨ててないなと思われるような場面だと興奮しました。結果、Wスチールが未遂に終わり2死2塁になってしまうわけですが、1番もどかしいのはやっぱりなぜあそこですべてを阿部に任せることができなかったのだろうというところです。あそこは監督の仕事というのは黙ってみているだけという場面でしょうし、メジャー屈指の強肩キャッチャーから三盗をできる可能性のほうが少ないでしょう。バッターが小坂ならわからんでもない(例えです)ですが、ここまで山本監督が1番信頼を置き、1番重圧と戦ってきたバッターです。なぜ・・・は今となってはわかりません。自らチャンスをフイにしたといわれても仕方ない走塁でした。
糸井にバントをさせたのといい、今日も相変わらず長野を出したりといい、どうも反省点というか、生長点がなかなかない監督というのは非常に辛いところがありますし、いろいろといいたいところはたくさんありますが、それでも監督の成り手がいない中でやってくれた山本監督には感謝をしたいですし、最後には黙って選手をたたえたその姿勢にも心からではありませんが拍手をしてあげたいという気持ちはあります。

内川の涙が非常に印象的ですが、悩むことはありません。誰も内川は責めないでしょう。確かに走りすぎのイージーミスというところはありましたが、あの場面はスタートを切ればがむしゃらに2塁に向かって思いっきり走るしかないでしょう。つくずく作戦が間違ってたと個人的には思いますが・・。悔しい。悔しいです。

前田健太もよく投げましたが、初回の1点が重くのしかかったのは事実でしょう。微妙な判定はありましたが、フォアフォアでは印象悪く、点の与え方もよくありません。そのあとは文句ありませんが、先に点を与えてしまったことはちょっと残念でした。

全体的に見ても、プエルトリコはさすがアメリカを破っただけあるなという素晴らしいチームでした。内野手も身体能力だけでなく非常に技術のある守備でしたし、外国の破壊力というものを見させていただいた気がします。そして、オランダ・台湾・イタリア・ブラジル・・。着実に外国に野球が浸透しています。まだまだ3回目ですが、確実にこのWBCという行事は成功でしょう。あとはFIFAみたいなものができてくれるのを待つだけです。南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア。このあたりが野球を強くなってくれれば、非常に盛り上がります。日本人もどんどん野球を浸透させてほしいです。私も野球をかじっていることもあり、野球後進国で野球を教える仕事というのもやってみたいななんて思ってしまいました。

さあ。これで角中も帰ってきます。いよいよシーズンインです。とにかく、胸を張って帰ってきてもらいたいと思います!感動をありがとう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日、オランダ勝ったら面白いのに・・。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

WBCを振り返る

よく戦ったなと思います。
一時は、不参加する事態に発展したり、監督がなかなか決定しなかったりと順風満帆とはいかない中で、準決勝の舞台まで勝ち上がってこれた感動は当分、忘れる事はないと思います。

今大会は強豪国が次々に破れる波乱ばかりの大会で、日本も下手をしたら1次・2次ラウンドで敗退してもおかしくはなかったと思います。
その意味では、次開催に向けて今度は万全の態勢で望めるようになってほしいですね。
敢えて、苦言を言うならメジャーリーガーを召集出来なかった事が悔やまれるかな。

この試合は最後まで観戦しましたが、やはり先制された事が後に影響を及ぼしたなと思います。
今回のチームはやはり投手力を中心にしているだけに後手に回ると、不利になってしまいますからね。
プエルトリコが完璧な野球で望んできた事も日本にとっては誤算だったかもしれませんね。

あとは、他のスポーツでも言える事ですが、個人能力の肩書きは大きく影響があるのだなと感じました。
あの8回の走塁ミスについて取り上げる事になるのですが、結果的に相手の捕手が強肩という事が情報としてあるだけに、選手にとっては気にならない訳にはいかないのでしょう。
今大会に限れば、台湾戦で鳥谷の盗塁が成功しただけに、勝負所の走塁ミスは致命的だったかな。

とはいえ、采配の是非は今となっては、納得しています。
スタメンに関してもこれで打てなければ仕方ないという気はします。
前田健で負けてしまったらしょうがないです。

今年はWBC選手の活躍に注目したいなと思います。
本当にお疲れ様でしたの一言です。

ご無沙汰しております

何故か分かりませんが、ずっと貴ブログが開けませんでした。久し振りにトライしてみたら、あっさりと開けました。相変わらず謎の多い国です。

負けてしまいましたね。結果は兎も角、ちょっと後味が悪いですね。あれじゃあ、井端も内川も(特に内川)可哀想です。

行けたら行けって・・・あの大事な場面で出すサインにしては、ちょっと曖昧過ぎたのではないでしょうか?行くなら行くで、本多を起用する手も有ったかなとも思いますし、中途半端でしたね。

行けたら行け、なのに、井端のスタートが遅れた?と言うのもわけが分かりません。

誰が悪かったのかと言えば、内川という事になってしまうのでしょうが、責めるのは酷でしょう。あの大事な場面、大事な同点のランナーで、内川と言えども平常心を保つのは難しかったのでしょう。ダブルスチールで、2塁で刺されるわけにはいかないと、気が焦ってしまったのでしょうか?

やっぱり山本浩二じゃ・・・(以下、自粛)

またノムさんあたりにぼろくそに言われそうですね(苦笑)

まあ、選手の皆さんは、実力を出せた選手も、出し切れなかった選手も、よく頑張ってくれたと思います。お疲れ様でした。

角中の出番が少なかったのは残念でしたが・・・

それにしても井端、あのセンターから右への流し打ちはもはや芸術的ですね。勝負強いですし、あんなにいい選手とは知りませんでした。こういう選手がマリーンズにも欲しいですね。

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
最初はまず不参加からのスタートでしたからね。そう考えるとよくここまで来たかなと思います。選手はよく戦いましたし、台湾戦の感動は今回のハイライトですね。アメリカまで行けた、というところでまずはよく戦ったというところでしょうか。走塁ミスもそうですが、やはりミスをしたら負けますね。これは野球に限ったことではありませんが、致命的なミスは勝敗を分けますね。スタメンも前田健太も納得です。胸を張って帰ってきてもらいたいですね。

>在外Mファンさん

コメントありがとうございます。
おや、そうですか。それは残念です・・。理由がよくわかりませんね。今日のスポーツ紙はバッシング一色です。曖昧なサインが台無しにしたと、そればかりです。まあ確かにそうですが、なんだかいろんな鬱憤が全部出たような感じでした。それだけ日本は野球好きが多いということですね。選手はよく戦いました。仕方ないでしょう。心からお疲れ様を言いたいですね。井端は素晴らしいですね・・。ずーっと今大会は井端の大会でしたね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
207位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。