スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】私と野球、そしてアンダースロー論③

ではでは昨日の続きをどんどん書いていきます。それでは、行きます。

⑥ アンダースローとしての考え方 ②

アンダースローではなく、普通の投手でもいえることだと思いますが、ランナーを出すこと、これは厄介です。だからこそ私は余計なフォアボールを嫌いましたし、40イニング連続無四球という変な自慢できるものもありました。初球にきっちりとストライクを取りに行くこと、これが私にとっては大きな大きな1球で、初球に1番神経を使いました。目指すは2-0で、2ストライクからボール球で勝負をして行くという考え方に至りました。やはりその為にもコントロールは必須です。野球センスは有りませんが、走ることとコントロールには自信がありましたので、だからこそ自分に合ったのかもしれません。
良くあんな投げ方でストライク投げられるなあという人がいますが、これはもう感覚としか言えません。はっきり言って投げる時は顔を横にしていますから、リリースポイントと腕の振り具合という部分で制球をつけます。特にリリースポイントは重要で、その為に投げ込みが必要であり、その土台を作る為に走り込みは必要になってきます。あと、アンダースローは肩が出来るのが遅い、とよく言われますが、これも本当です。私は先発の時、50球程ブルペンで投げ込みます。腕が振れず、全くボールが行きません。ようやく肩が温まるのが50球程投げた時、もちろんアウトローにその内の30球は投げ込みます。控え投手だった私は、エースがイニングの途中で捕まりだすと急に作らなければならなくなりますので、一旦試合前に30球程捕手を座らせて投げ、ベンチにいました。牧田とかリリーフやるのは本当に大変なんじゃなかったかなと思います。逆に肩に張りが出てくるくらいが1番いいので、イニングが進むにつれて球が行くようになるというのは有ったと思います。


⑦ アンダースローとしての生き方 

高校時、私は秋・春・夏と、背番号10番でした。エースは右の本格派、140kmを投げる投手で、私は速くても120kmまで届きませんでした。明らかに運動神経、体格、球の速さ、空振りを取ることについては同じ土俵に上がるのも恥ずかしいくらい違いました。それでも、防御率は多少私の方が劣っていたものの、あまり変わりませんでした。先にも書いたフォアボールを出さない、ということの他にも、いろいろと工夫しました。
私は高校3年時の春の大会前の練習試合でエースが完投した試合で、こっぴどく怒られたことがありました。お前はどんな準備をしていたのか、本当に投げる気でいたのか、ということでした。肩も作っていましたし、いつでも行けるようにブルペンで調整はしていましたので、最初はわからなかったのですが、それは一晩思い込んでようやく解りました。それは、配球を見ることでした。私はスコアをつけるマネージャーの隣に座り、今何球投げたか、割合はどのくらいか、どこに立ち、何を狙い、何で抑え何で打たれているのか、徹底的に見るようになりました。実際に投げるときは当然アウトロー軸ですが、グライシンガーのようにノートをつけながら傾向と対策を掴んで行きましたし、試合に入るときは必ずエースの球数をイニングごとにチェックするようにしていました。
また、1番磨いたのは牽制とクイックでした。牽制は得意になる位やりましたし、クイックも速くなりました。とにかく速い球が投げられませんでしたので、違う部分で秀でなければなりません。だからこそ牧田のように工夫する気持ちが凄く私にはよくわかりますし、足の着地を1歩遅らせるなどやることがハイレベルで、凄いなあと思います。

⑧ 高校生活の終わり

秋・春・夏と強豪私立に敗れ、私の高校球児生活は幕を閉じました。
どの大会でも投げることが出来たことはとても光栄ですし、夏も投げる機会があったことは一生の記念になります。高校球児は3年の夏を目指して2年半耐え抜きます。私のような普通の高校でも練習は耐え抜くものでしたので、私立などはその比ではないように推測します。坊主頭で何キロ走ったかも忘れるくらい走りまくった記憶が鮮明にあります。いろいろと喜怒哀楽経験出来ましたし、高校野球を経験したことは一切悔いは有りません。高校で部活をやって悔いのない人が多いのは、1番花形の大会で幕を閉じるからでしょうか。とても素晴らしい大会が高校野球にはありますので、だからこそ後悔する人はいないのかもしれません。
最後にコラムを見て、何か少しでもへえ、と思ってくれる部分があればいいなと思いますし、アンダースローの投手について何かこう、見てくれればいいなと思います。
私のようなセンスのない人間でも、140km投げる投手と対等に投げ合える投法ですし、強打者を抑える投法でもあります。本当にこのアンダースロー投手へと導いてくれた監督には感謝しますし、心から良かったと思っています。アンダースローは実は誰でも出来ます。身体の横に腕を水平に伸ばし、右腕を90度上に折り曲げ、そのままお辞儀するように腰を折り、くいっと回すだけです。腰を回す時に肘の関節を前に出すように投げればいいだけで、慣れればとても簡単です。今度キャッチボールするときにでも挑戦してみてください。肩が痛くなりますが・・。

これでコラムは終わります。中途半端になりましたが、こういう試みをしてみたかったということもあり挑戦してみました。明日から通常営業のロッテファンブログに戻ります。明日は西野。勝ちましょう!

 にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。


スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

面白かったです

こちらにコメントするの久しぶりですね。いつも楽しみに拝見してます。
アンダースローについての話すごく面白かったです。人間の腕の付き方を考えると下から投げる動作をする方が身体の(というか肩や腕の)負担が少ない、とききますが、おそらく一般的な認識ってその位じゃないですか。実際に取り組まれた方にきくとそれだけじゃないんだなあと思いました。ブルペンで時間が必要、って話とか目からウロコでした!
基本的には野球はじめ一般人にはスポーツってやるより見るものじゃないですか。でも見てるだけじゃわからないことってとても多いです。
また管理人様の体験とか野球の話きかせてください。今は野球はもうなさらないんですか?

コラムを楽しく読ませて頂きました。
私は野球経験が無いのですが。
私の場合はゴルフばっかりの生活でしたが、部活ではなく個人的に親父に練習場に連れて行ってもらってという生活でしたので(まあ、中学時代は2年までは剣道部でしたが)団体競技での部活の苦労はイマイチ実感としてはわきませんが。
確かに、サイドスローは体の回転に合わせて回るので自然な投げ方であり、アンダーは軸を傾ければ良いだけということでしたら理にかなっている気がします。
そういう意味ではオーバースローが一番体に不自然ではある気がします。
手を肩より上に上げて体の軸の通りに回せばスリークオーターの感じですもんね。

私自体はほとんど野球をやったことがないのに、まわりは結構な野球経験者がおおいのです。(KAT-TUNの亀梨君や松坂大輔を小さい頃教えていた人とか、PLから駒大に野球で行った人とか、地元の少年野球の指導者とか)
息子は野球が大好きな割に、やりたがらないし(笑)
まあ、親子してプロ野球を見のは大好きなんですけどね(笑)

ようやく交流戦明けの公式戦が始まって楽しみですが、いきなり10連戦というのがきついとは思います。最低6勝4敗、首位を安泰にするには7勝3敗は必要だと思いいますので、そうなるようにがんばって欲しいですね。

また、暇なときには野球のコラムを書いてください。

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
お久しぶりです~。いつもありがとうございます。
そう言ってくれると嬉しいです。なかなか真剣に取り組んだ人ってあまりいないと思いますし、参考になれば嬉しいです。今はたまに草野球で投げるくらいですかね~。球はもうめちゃくちゃ遅いですけど、コントロールが何とかなりますのでまだ何とか試合にはなりますよ~。

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
ありがとうございます。そう言って下さると励みになります。でも上から振りおろす方が力が入るので、やはり上から投げた方が球は行きますよね~。あとは肘の使い方ですかね。そういった強豪校出身の方々の方がもっと私なんかより面白い話たくさん持っていると思いますので、私も話聞きたいくらいですね。交流戦明け10連戦、どこかで中止になりそうな気もしないでもないですが、最低でも勝ち越しでお願いしたいですね。

私は左投げアンダースローとして軟式野球をおもにやってきました
足腰の大切さよくわかります

ただ自分は低く低くではなく いざというときに右にぶつけられるようなコースへ投げるPでした
持ち球はシュート・スライダー・そしてシンカーにデッドボールでした(本気です)

左アンダー それはまるで絶滅危惧種でした
高さ自体も地上15~20センチ程度でしたし投げ方が
まるで今でいう森福のように全球クロスファイヤーのように投げました
それでどうしても踏み込んでくる相手には膝への球が当たってしまいまして持ち球デットボールでした

左投げで守備型 
センター返しか流しでしか打てない長打のない鈍足打者の自分
投手としては少年野球からですが手首が固く上投げではストレートが汚くノーコン
サイド・クォーターではナチュラルにシュートする球のコントロールと変化球のなさ
そんな弱点だらけの自分の生きる道でもありました

トレーニングはほとんどを柔軟に使いました
おかげで今でもかなり体は柔らかい方です
ただし下でも結局シュート回転はうまく治らず 変則投法で補いました

ロングイニングの集中が持たないタイプでしたので
あまり長くは投げませんでしたが
恐らく最多投球の70球を数えた試合でも投げたうちの綺麗なストレートは3・4球程度なはずです

未だにたまに草野球で投げます
今では昔の巻き込みではコントロールがつきにくいため
俊介をコピーしてシュートを多投しながら投げています 

>stepedalさん

コメントありがとうございます。
左投げアンダーというのも非常にめずらしいですね。しかも全球クロスファイヤーというのも非常に大変ですね・・。右打者に対してはある意味仕方なかったのかもしれませんね。柔軟はアンダースローにとっても大事ですね。私もよくやりました。きれいなストレートでは簡単に打たれてしまいますし、シュートやシンカー気味に落ちる球でということでしょうか。しかし左アンダーとは初めて聞きました!
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2922位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
386位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。