スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツは開催。これは大歓迎!!

これこそ勇気を与えます。東北の試合までに、なんとか電気を通して欲しいですが・・・。甲子園の大舞台ではじけて欲しいですね。

ナイター、行進、鳴り物なしでセンバツ開催決定

東日本大震災を受けて、第83回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)の開催可否を協議する臨時運営委員会が18日、大阪市内で開かれ、当初の予定通り23日から12日間、兵庫県西宮市の甲子園球場で開催することを全会一致で決めた。ナイター試合の回避に向け試合時間を繰り上げるなど被災地へ最大限の配慮をすると同時に、大会スローガンを「がんばろう!日本」に制定し、球児によって勇気と感動を届ける。

 何度も協議を重ねた末の結論だった。午後4時半から被災地への哀悼の意を表し、黙とうで始まった臨時運営委員会で導き出された最終回答は「開催」だった。

 日本高野連・奥島孝康会長(71)は「今大会のスローガンは“がんばろう、日本”である。高校球児の真剣なプレーが、大震災に打ちひしがれた日本中の人々に一筋の光明になるのではないか。いつの時代も希望は若者たち」と開催に至った理由を説明した。11日に発生した東日本大震災。日本高野連と毎日新聞社で13日に開いた臨時運営委員会では、今後の被害状況、それに伴う国民感情を踏まえて18日に再協議することで結論を保留していた。関係者によると、開催可否は「五分五分だった」という。

 阪神大震災の時は震災から2カ月後の開幕。今回は地震が起きてからわずか1週間後に開催可否の決断を迫られ、賛否両論ある中での開催。延期や夏との合同開催の提案もあった中で、大会会長の朝比奈豊・毎日新聞社社長(63)は「宮城の東北高校は満足に練習ができない中で避難所の給水活動を続け、甲子園で野球ができることを心待ちにしているという報告に強く胸を打たれた」と明かした。他にも光星学院(青森)、水城(茨城)など被災地にある出場校が参加に強い意向を示したことが大きな後押しとなり、最終的に全員が球児の夢の実現に賛同した。

 くしくもこの日、プロ野球界は文科省から厳しい電力供給事情を踏まえての要請を受けた。計画停電が行われている東京電力・東北電力管内以外の地域での試合開催を求められ、さらに同管内でのナイター試合の自粛を要請された。その中、今センバツでは被災地に最大限に考慮する。試合開始時間を繰り上げ、さらにスピーディーな試合進行に努め、ナイターでの試合を極力回避することで節電に努める。また、入場料収入の一部を義援金として被災地に送ることや、球場内での募金活動を実施。入場行進を取りやめることで開会式を簡素化し、アルプス席の鳴り物での応援はすべて禁止するなど、被災者感情にも考慮する。

 思い返せば、センバツは前年9月に起こった関東大震災の傷痕が残る1924年(大13)4月1日に、第1回大会が開幕。95年1月の阪神大震災直後に開催された第67回大会は、復興のシンボルとして多くの被災者を勇気づけた。高校球児にしか発することができないメッセージがある。大会は23日、プレーボール。球児の懸命な姿が「復興のともしび」となり、被災地の人々へ感動と勇気を届ける。

(スポニチ)

これは素晴らしい措置だと思います。
まず最初に、やはり「最大限の考慮」をしての開催ということです。ナイターなし、募金と義援金活動、開会式や応援禁止など、普段のセンバツとは全く違う形で、厳粛な形で開催されるようです。しかしながら高校野球は開催され、当然ながら東北高校も試合をやります。高校球児の一生懸命な姿は、必ずしも希望となり、支えになるでしょう。この決定は本当に嬉しく、良かったと思っています。甲子園という立地も助けになり、これこそが国民の希望になって欲しいですし、また、ヒーローになってくれると信じています。

高野連の会長はどこぞの会長と違い、非常に素晴らしい言葉を述べていますし、兵庫県なら順調に日程も消化できると思います。きっとドラマも生まれるでしょうし、注目度も一気に普段のセンバツよりも大きくなります。スポーツがほとんど中止になり、楽しみにしている人も数多くいることと思います。

「いつの時代も希望は若者たち」- 素晴らしい言葉で、全くその通りだと思います。青春を野球に捧げた坊主頭の高校生が、一生懸命、全力で野球をやる姿が、パニックの日本の、復興の最初の光りを灯してくれると信じています。そしてプロ野球も、決断をもう少し柔軟にして、高校野球と全く違う形ですから、今一度考え直して欲しいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

良いニュース

昨日父と「連日落ち込むニュースばかりで、プロ野球見る気分じゃ無いね」と
話していたところでした。
でも高校球児にとっては、甲子園出場は念願の晴れ舞台。手離しで応援したい
と思います。
若い人にはこういう時だからこそ、未熟でも一生懸命なプレーで世の中を
明るくしてもらいたいです。

No title

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
そうですね、気分は確かに落ち込みますし、野球や娯楽に行く機気持ちではなかなかないです・・。しかしながら甲子園でこの東北高校のプレーは絶対勇気を与えると思いますし、例え試合に負けても、励みにはなるはずです。
きっと世の中も明るくなるでしょう。頑張ってほしいですね!
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1846位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
254位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。