スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3時間半ルール、意味あったのか?

特に節電にもならないし、来年は止めていただきたい!

3時間半ルール CS、シリーズ適用せず


 プロ野球の実行委員会が5日、東京都内で開かれ、試合開始から3時間半を超えて新しい延長回に入らない今季公式戦の特例措置を、クライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズには適用しないことを決めた。

 例年通りCSは延長12回、日本シリーズは延長15回(第8戦以降は無制限)まで行う。両シリーズの開催時期は電力使用制限令が解かれていることなどが理由。

 2013年に予定されている第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者との出場条件交渉については、日本代表のスポンサー料などの権利を求めていく方針を確認した。

 また、中日井端弘和内野手(36)のドーピング違反を受け、日本野球機構(NPB)医事委員会が来春キャンプで講習会を開くことを決めた。

 2011年の戦力外通告の第1次期間は10月9日から全球団の公式戦終了翌日までとなった。

(ニッカン)

「節電」という名目で始まった3時間半ルールですが、9回までだと当然ながら3時間半もへったくれもないまま続行しますし、何より消費電力量がそこまで上がらない9時半以降なり、土日の昼に無理矢理終わらせていいのかと、果たしてそこに節電の意味があるのか、と言うのは1年通して感じました。試合中に節電を行う、消費電力を抑えながら試合をやるというのは歓迎ですし、賛成なんですが、3時間半ルールが野球をつまらなくしてしまった、私個人の意見はそんな感じです。

何より引き分けが多くなったこと、これが1番つまらない原因ですし、ヤクルトなんて引き分け14ですからね。勝敗ついてこそのスポーツ、その中で12回というルールあってのニッポンプロ野球ですので、やはり10回で終わり、9回で終わりというのは寂しい気がします。野球には時間は不適合だということがよくわかりましたし、野球は回ごとに区切ってくれた方が楽しいですし、時間を気にしながらやる野球はやはりちょっと不自然というか、なんか変な感じもします。そして何より、次の回に行くことが消極的、というのもつまらなさの拍車をかけています。見ている方からすれば、次の回に行けば勝てる可能性がある、サヨナラを見れるかもしれない、という期待からどうしても次の回に突入して欲しいですし、引き分けで終わるというのは見ている方からすれば消化不良です。しかし選手サイド、これは気持ちがわからんでもないですが、次に行くと負ける可能性もある、そして中継ぎの消費もある、という点から、時間稼ぎというのが横行してしまっています。これでは興行として面白みに欠けるのは当然で、興ざめしてしまう気持ちが、やはり一ファンとして、あります。

だからこそCS・日本シリーズで適用せずなのは嬉しいですし、来年はこの特例ルールは廃止になると信じていますが、是非止めてもらいたいです。レッツ省タイムやイニング毎の時間制限、ようは試合時間をお~さえる~♪温暖化~お~さえる~♪に関しては賛成ですし、プロ野球として取り組むことは結構なんですが、やはり野球そのものの楽しさを減らしてまでやる、というのは反対です。
今年の事情が事情ですから、仕方ないという気持ちも多少あります。ですが、やはりやる意味はなかったね、つまらなくしてしまったね、と感じている気持ちもあり、その気持ちが開幕から進むにつれ強くなったと感じます。

さあ、明日は成瀬です。相手は石井一久。負ければ最下位になる一戦。秋風吹く所沢で秋風吹く寂しい5位6位の対決ですが、なんだかんだいっても野球がない月曜日は寂しく、ロッテの試合がやっぱり見たいですから、明日はテレ玉で元気に応援し、勝っても負けても千葉ロッテの精神で、最下位になってもおう、応援してやろうじゃないか、俺は最後まで見届けてやるからな!全く!という気持ちで見守り続けたいと思っています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
あとWBCですが、スポンサー料取れないなら出なくても、と思っています。難しいですけどね。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

節電効果

8月に恒例の東京ドームのイースタン公式戦、G‐Mを見に行きました。
とても寒かったです。
冷房効きすぎ。

客席があんなではグラウンドどんだけ寒いのか。

節電をうたう年に配慮ないなあと思いました。

個人的には3時間半ルールは、ナイターでも帰る時間遅くなんなくていいやと思いましたし、たぶん小さい子供連れの方はほっとしたでしょう。
でも試合としては興ざめな部分はありますね。
節電をうたうなら、屋内球場を日本から減らすべきです。空調、照明なしに野球ができないこと自体、何か違います。
ただ、管理人さんの不満はわかるのですが、原発の稼働が軒並みストップし、代替えの電力のメドは日本のあちこちでたっていません。来年以降も十分な電力供給の見通しが立たない以上、3時間半ルールはこの先も実施されると思います。

…WBC……
唐川選手が出たがってましたよね。「次はぜったい出ます!」のスローガンのもと、今季の好調があったとすれば…
「日本辞退か?」のニュースがモチベーション低下となり、最近の不調につながった…?
なんて思ってしまいました。

No title

今年は未曾有の災害の中、煌々と灯りともして電力大量消費するナイターはやはり世間一般からしたら許される状況でもない、というのはやっぱりありましたし今年は仕方なかったのかも知れないですが(それでも最初に3時間半を言い出したのが無理矢理開幕する代わりに「節電に配慮してますよ」と苦し紛れの対応を打ち出したセ・リーグで、パ・リーグとしても無視する訳には行かなかった・・という経緯がちょっと腹立たしいのですが)、仰るように野球に時間制限はやっぱり合わないですね。実際のところ、どのくらいの効果があったのかも疑問ですし。

理想とか建前だけではやっていけないですし戦略的に引き分け狙いが出るのは仕方がないことで、それは責められるものではないでしょうが、やはり白けてしまいます・・・結局前提に無理があるという事でしょうね。

時間制限があったおかげでその昔10.19みたいな悲劇も生まれましたが、あくまでも後でそう振り返られるだけで、当時の選手・ファンは堪らんものがありました(ニュースステーションで生観戦してた私もです!)。
来年は絶対廃止!それは声を大にして言いたいですし、さすがにそうなると信じています。長々と失礼しました~。

時間制限

時間制限は、40年近く前、石油ショック(原油価格の急激な高騰)で節電が叫ばれ、3時間ルールができました。当然、引き分け狙いの時間稼ぎが横行し、引き分けが急増しました。その後、3時間20分に変更されましたが、わずか20分では変わらず、平均試合時間が延びるだけになってしまいました。
1978年の広島は18引分、1982年の中日は19引分と非常に多かったです。

読売が、引き分けが少なく、相手より勝率で劣り優勝を逃すことがたびたびあったため、セリーグが時間制限なし15回制を導入、パリーグは4時間制限付き12回制でした(その後、時間制限を撤廃)。読売が泣いた分、極端に変更したわけです。
しかし、昨年の日本シリーズでもご存じの通り、ナイターで延長15回行うと、深夜に及ぶことが多く、引き分けは減ったものの、パと同じ12回制に変更されて昨年までに至るわけです。

NPBのお偉方及び各球団の首脳陣も、過去に見苦しい時間稼ぎをお互いに行なってきており、その再現になることをよくわかっていながら、3時間半制限を導入しました。そして、思った通り、見苦しい時間稼ぎが行われています。ロッテも・・・

電力事情ということはあるにしても、時間制限なし12回制に戻し、審判が両チームを急かし、応じない場合の罰則も設けて対処するようにしてほしいです。

レッツ省タイムとは、時間制限ルールを作ることではありません・・・
そうですよね!

時間制限

まあ、時間制限は取っ払って正解でしょう。
ただ、あの時点での決定は仕方なかったでしょうね。すぐにでも停電しそうな感じだったのですから。
状況を鑑みながら、うまく節電する方法が良いと思います。まあ、3時間半ルールを使うならイニング間のイベントをなくすとかする必要があるでしょう。(始まる前のセレモニーは試合時間とは関係ないので良いとしても)
それと、やはり、屋根付きの弊害が。とくに空調は・・・・ドームだと必ず空調が必要ですから、それだけでも大きい。
まあ折衷案として、タイブレークを導入するとか。

WBCですが、やれば見るでしょうけど不利になってまでやる必要は無いと思うので、主張が通らなければ出ないでも良いような気がします。
だいたい、アメリカではほとんど関心が無いと言うのですから。
一回出ないことで、日本スポンサーが付かないで(まあ、一部は付くかもしれませんがスポンサー料は減るでしょう)やってみたら良いと思います。
言うときは言うということをしないと、嘗められっぱなしになっちゃいますから。
日程的にもいろいろ問題あるし。

No title

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
はあ~、そんなにですか。それほどまでの空調ははっきり言って要りませんよね。野球場に。確かに帰りの時間等、メリットもあるとは思いますが、肝心の試合が面白くなくなるのは何だかなあという気持ちです。来年以降もやるんですかねぇ。電力ピーク時に試合する訳でもないですし、やるとなったら私はやっぱり反対です。事情はわかるんですけどね。WBC、ああ、そういえば唐川とリンクすると言えばしますね~。とにかくWBCが有った時に代表入りできるような実力や数字をまずマークして欲しいですね。

>BJさん

コメントありがとうございます。
確かに煌煌と光り輝くグランドで、ましてや計画停電などが実施される中で、仕方ないかもしれないですが、それなら10回で終わりとか、タイブレークとか、そういうのをやっても面白かったと思います。経緯も無理やり感がありましたし、是非これは今年1年でやめて欲しいと思います。時間稼ぎは気持ちはわかれどやっぱりつまらないですし、いちいち打席を外したり、セットを外したりと、その方が見苦しいです。時間制限なんてのは野球には合いませんね。是非来年はこのルールは廃止して欲しいです。

>大阪の一ファンさん

コメントありがとうございます。
ほお~、それは知りませんでした。初耳です。そうですか、そんな昔でも、やはり時間稼ぎはあるものなんですね。なるほど、そういった経緯で延長15回制になったんですね~。いやあ、恥ずかしながら全く知りませんでした。詳しいですね。私もその意見に同意ですし、12回制に戻して、その中で試合時間を短くする、これがレッツ省タイムですよ。攻守交代を短く、テンポを早く、それだけで10分20分変わってくるはずですし、現に今年は短い試合が多いような気がします。これこそ、野球が地球にできること~♪だと思いますよ。

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
せめて来年は廃止にして欲しいですよね~。まあちょうどあの時は計画停電等があり、致し方ない措置でもあったかもしれませんが、それでももう少し考えて欲しかったですし、時間で区切るのはちょっと違ったように思いました。イニング毎のイベントを減らすという案は私もいいと思いますし、パッパと動けば、それなりに速い時間で出来ますからね。WBCに関しては全くの同意見ですよ。それなりにメリットがないのに無理やり出ることもないと思います。嘗められっぱなしですから、連続王者として強気に出てもいいと思います。アメリカの大会ではないですし。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3019位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
404位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。