スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願いだから野球が好きな人に

あーあ、まだ1カ月あるんですけど・・。

ロッテ球団トップ2辞任…生え抜き選手の放出で食い違い

最下位に沈むロッテに激震が走った。瀬戸山隆三球団社長(58)が18日、今季限りで辞任することを明らかにした。石川晃球団運営本部長(50)も辞任する。ともに後任は未定。リーグ3位から日本一に上り詰めた「史上最大の下克上」からわずか1年足らず。補強面で重光昭夫オーナー代行(56)サイドとの意見の食い違いなどから、球団トップ2が入れ替わる異例の事態となった。

 オリックス戦前に会見した瀬戸山球団社長は西村監督の来季続投を正式発表した後、自らの去就について口を開いた。

 「私は今季で退任します。8年もやったらくたびれる。去年は日本一になった。一回ゆっくりさせていただきたい」

 瀬戸山社長はダイエー(現ソフトバンク)の球団代表を経て04年にロッテ球団代表に就任。06年から社長を務めてきた。05年、昨年と2度の日本一に輝き、経営面でも昨年は前年比13億円減の約20億円まで赤字を削減。また08年オフにダイエー時代からの腹心である石川本部長(当時球団副代表)を招くと、練習量不足で低迷していたバレンタイン体制を一掃し、二人三脚でチーム強化に努めてきた。日本一となった昨季から1年も経過しない時期に突然の辞任表明。背景には補強面で重光オーナー代行サイドとの意見の食い違いがあったと指摘する声がある。

 事実上の現場トップである石川本部長は「チーム強化には血の入れ替えが必要」と積極的にトレードを行ってきた。久保や清水ら生え抜きの主力も放出。本社サイドから赤字削減を厳命されており、高額年俸のFA選手の引き留めにも消極的にならざるを得なかった。

 昨オフは主力投手のトレード話を進める球団に選手が反発。今年6月には選手会長だったサブローが巨人にトレード移籍した。ある主力選手は「次は誰が出されるのか心配で仕方ない。みんなそう話している」という。選手間の不満の声はオーナーサイドの耳にも入った。加えて最下位低迷。球団経営をフロントに一任してきた重光オーナー代行も不信感を抱き、蜜月関係に亀裂が生じたようだ。

 瀬戸山社長は「組閣に関しては白紙」としたが、西村監督の強い意向で日本ハムのヘッドコーチ・福良淳一氏の招へいは決定済み。また、金森打撃コーチ、高橋2軍監督、西本2軍投手コーチは退団する。昨季の日本一チームは嵐のオフに突入しそうだ。

 ◆瀬戸山 隆三(せとやま・りゅうぞう)1953年(昭28)9月18日、大阪市生まれの58歳。大阪市立大出身。77年ダイエー入社、88年福岡ダイエー球団へ出向。93年同常務取締役代表、02年パ・リーグ理事会理事長、04年3月に千葉ロッテ球団取締役代表。同年の球界再編問題の際には、選手会側との交渉役を務めた。06年から現職。

 ▼ロッテ・石川晃球団運営本部長 社長とは二人三脚でやってきた。当然、私も退任する意向を固めました。(任期は)短かったがフロントとしてある程度、基盤はつくれた。

(スポニチ)


本当に激震と言うか、変な時期に変なニュースが出てきました。
井口の複数年&監督手形報道に続き、井口のスタメン落ち。それに加え西本・金森・高橋の今季限りの退団が報道されるという前触れは今思えばありました。しかし球団を牛耳り、そして言い方は悪いですが文字通り2010年からはやりたい放題やってきた瀬戸山・石川両人の辞任とはこれまた、喜んだか悲しんだかという個人の感情は抜きにしても、非常に驚きました。

まずはなんでこの時期にそういうニュースがぽんぽん出てくるのか、この時期に発表を続けるのか、それが1番疑問ですし、選手たちはどうかにしろ、フロントは2011シーズンに関して完全にさじを投げたと判断していいでしょう。せめてもう少し我慢するべきですし、まだまだ20試合以上残っていて、1戦1戦選手たちは相手と戦わなければならず、そういうときにこういう発表をすることははなはだ残念ですし、現場無視、選手無視は相変わらずなのかな、とも思います。

瀬戸山球団社長は04年から加わり、8年間フロント業務を全うしました。ボビーには嫌われ、古田には握手を拒否され、とおそらくいい思い出がないと思われる8年間になりましたが、それでも球団を2度日本一にしたこと、そしてあれだけ閑古鳥の鳴く千葉の幕張にいろいろと催しものを行い、またいろいろなスポンサーを身につけて、まあこれはボビーのブランド力とチームが強くなり、段々と知名度ある選手が出てきたこともありますが、閑古鳥の鳴く球場からは脱したとも言えるでしょう。
しかしながらチームを強くする、ということに対してはちょっと前向きな考え方ではなかったと思いますし、赤字削減、収入増に関してはトップクラスの人材で、球団社長は辞めてもなにかしら野球界にはいて欲しいですし、ソフトバンクや巨人といった赤字のない金満球団で手腕を発揮したらどういう風になるんだろうと言う気持ちはありますが、とりあえずこれで潮時かなとも思いますし、最下位になって、記事にあるようにサブロー放出で選手や重光Jrに反感を買われてはいる場所もなくなるでしょう。時々やりすぎるというか周りが見えなくなるのはこの人の悪い癖です。しかしながら功罪の功の部分もきちっと評価したいですし、新フロントには来客における工夫や、様々な催し、瀬戸山さんが築きあげた球団にお金も入るしファンも喜ぶというイベントなどは是非続けて欲しいと思います。ありがとう、そしてお元気で、さようならと、そういった気分です。

そして石川本部長は裏方としては素晴らしい人材ではあるとは思いますし、スカウトやマネージャーとしては素晴らしい実力があると思います。井口や金泰均といった大物選手の補強は彼がいたからこそで、言ってしまえば2010年の日本一は石川本部長の手腕もあることと思います。マーフィー・ペン・カスティーヨ・ロサと全員外れではない外人を連れてくる部分はお見事ですし、チームを強くしようという意気はこういう部分で見えました。しかしながらちょっと表に出すぎで、ファンのことは全く考えていないというか、サブロートレードに井口に対する監督手形に複数年ですから、こちらもチームやファンから反感を得るのは当然で、なんで黙って仕事できないんだろうとそういうタイプです。派閥作りの張本人だと思っていますし、井口に対する厚遇は目に余りました。重光Jrに怒られるのももちろん当たり前だと思いますし、チームをぐちゃぐちゃにしてしまった罪は、こちらに関しては重いと思います。もちろんいなくなって外人や補強が弱くなる可能性もありますが、こちらも今年いっぱいで潮時かなと思います。

新フロントがどのような形になるのか全くわかりませんが、タイトル通り、野球が好きな人、マリーンズファンになってくれる人がいいです。しがらみの少ない外部の人間が1番ですが、そういう訳にはいかないでしょうし、内部の人間、ロッテ本社からオーナーの眉唾付きで来るのが1番高いでしょう。赤字削減ももちろん大事ですが、とにかく現場重視で行って欲しいですし、欲しい人材を見極め補強をするということ、身の丈にあった契約を結ぶこと、チームを盛り上げてくれること、そしてゴタゴタを避けること、いろいろと注文は尽きませんが、とにかく赤字削減!というザッツ政治家な人間や、野球のことあんまり知りません?千葉ロッテ?西岡の?みたいな人はノーサンキューです。
別にソフトバンクのように金満最強集団を作れとは言いません。あれはあれで一つの球団運営だと思いますが、千葉ロッテに真似して欲しいかと言われればノーです。朗らかして、明るくて、昨日も書きましたが、ベテランと若手と移籍組が融合して試合でいい結果を残す、そしてチームの勝利を関係者がみんな願い、そのために、しっかり準備するところは準備する、そんなチームになって欲しいですし、そして今までどおりの地域密着に関しても是非続けて欲しいと思います。頑張れマリーンズ!頑張れ新フロント!


今日のKスタは中止。明日は成瀬がスライドになりました。上野の抹消が非常に心配で、まーた先発がいないような状況になってしまう危険性がありますが、とにかく今は連敗中ですから、今週は勝ちゲームを見たいですし、いわゆるお家騒動に負けない、選手たちの踏ん張りに期待したいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
まだシーズンはおわっとらん!!残り約1カ月、何とか明るい話題をファンに提供して欲しいですね・・・。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前記事のコメントにも書きましたが、
瀬戸山・石川両氏、私的には沈む船から逃げるように見えます。
サブロー放出してチームを壊し、そのまま逃げていくように見えます。
きちんと自分たちの思うように立て直してほしかったです。
壊されたままで、お金をかけずそのままなら、お先真っ暗です・・・

瀬戸山・石川両氏、井口の複数年契約は、どうするのでしょう。
引き継ぎ文書に「井口と3年6億円で契約してあげてください」と書くのでしょうか。それとも、既に井口と来年の契約内容を詰めて、念書を交わしているのか?
このオフに、井口が「もう、契約内容は決まっている」と言って瀬戸山・石川両氏の名前が入った念書を出してくる・・・怖いですね・・・
再契約するにしても、単年で年俸を下げて1億円以下にして、フル出場や守備位置保障などの特別扱いをせず、もちろん将来の監督手形もなし。それならばけっこうです。
里崎や福浦、小野などの複数年契約も、経費削減と逆行していましたが、本社(オーナー親子)の意向もあったのかな・・・

応援団も、経費削減対象になるかも。応援団を私設に戻し、ジンさんのギャラを削ると、残った人たちでの運営はしんどいですね・・・ 特に地方・・・
(MVPに頼むのはやめたほうがいいです)

No title

この時期に早くもフロント人事が紙面を賑わすのは辟易しますよね・・。しかし一部紙面で書かれてます様に、現体制で選手が不安を覚えているのならば、今、早い段階で「退任」という事実を周知するのは選手の為に良いことなのかも、と前向きに考えることにします。
・・・とは言え、来季の自らの去就が全くわからないコーチ陣に残り試合の指揮を頼むというのも当人に取ってみればどうかとも思い、選手よりむしろコーチのモチベーション低下を心配してしまいます。

瀬戸山、石川両氏に関しては「能力」は評価されるべきでしょうね。瀬戸山氏は記事中にあるように閑古鳥が泣いていた球場に人を呼び活気も呼び込んだ実績がありますし、赤字削減にも一定の役割を果たしたでしょう。石川氏も編成手腕に置いてはなかなか「やるなあ」と思わせられました。・・・だから、黙っとけ!と思いますよ。こういう人っていますよね・・・。
来期が甚だ不安ではありますが、tomtenさんがおっしゃるように野球が好きな人に就いてもらいたいですよね。まず根底に野球愛があればシーズン途中にサブロー放出みたいなどう考えてもおかしな事はないでしょう。
頑張れ新フロント!ですね!

むかしむかしあるところに

…とはじめてしまいたくなるような、マリーンズのお家騒動ですね…

たしかにやり手でしたし、その分敵も多かった瀬戸山・石川両氏でした。

しかし私の長~い野球ファン歴をひもといてみて、こういう人事をした後、我慢しなくちゃいけないシーズンが何年も(何十年も)続くなあとしか思い出せず、そうとうな覚悟をしなくちゃいけないなあと思ってます…

変えなくてはいけないことはいつの時代もたくさんあるし、今はその時なのでしょうが、不安しか感じられない将来はどうなんでしょうか…

個人的には西村監督が何考えてるのか、それがわからないのが、気になっています。

残り試合若手の起用を、とか言ってますが、来季構想に合わない選手は(容赦なく)トレードに出すとかするんだろうなあと…

杞憂ならいいですが…
今の育成選手の何人かは支配下登録してあげてほしい。

主力のトレードにはみなノーといいますが、控え選手のレベルでも、理不尽な移籍・退団は、不快感は一緒なはずです。

あと、新しいフロントは天下り人事で結構ですが、野球の好きな人というよりスポーツ界全体にあかるい人がいいです。野球以外にもスケート界などに出資してメダリスト育成に協力してる企業ですからね…

中途半端

確かに瀬戸山さん石川さん共に経営者としての手腕はあったと思います。赤字削減
為にやむにやまれぬこともあったでしょう。それでも野球チームで言えば看板選手は
資産ですから、資産価値を大幅に下げれば結果として客足も遠ざかるわけで、もう少し
バランスを考えるべきでした。チームは焼け野原状態でファンは置いてきぼりですから、
今辞めるのはちょっとひどいなぁと思います。せめて高橋慶彦二軍監督や西本投手コーチ
には残って欲しかったですね・・・・・。
今度のフロントは本当に野球を好きな人に来てもらいたいですよね。今のご時勢
厳しいですけど、みんなが球場に足を運びたくなるチーム作りをしてくれる人がいいですね。


No title

>大阪の一ファンさん

コメントありがとうございます。
確かにサブローの放出でチームはガタガタっときた、そうも見えますよね。それで逃げ出すという風にも見えますが・・。井口の複数年はどうなるのか、監督手形もどうなるのかは謎ですね。ただスタメンも外されましたから、厚遇は一旦おじゃんになったとも考えられるのですが・・。おそらくはきちんとした契約になるものか、井口の政治力が新フロントを飲み込むかのどちらかでしょう。複数年まではやらないと思うんですけどね。そう考えると西村監督は被害者かもしれないです。応援団だけは残して欲しいですね。

>BJさん

コメントありがとうございます。
まだまだ試合が残っており、角中や高濱なんかは充実した試合を送っているにも関わらずこれですから、まずは現場が可哀想です。うーん、これで開き直れるのであればそれはそれでいいかもしれないですが・・。それもまたチームとしてどうなんでしょうね。確かにコーチはやる気なくすでしょう。人間なんでその辺は仕方ない気もします。報道が早すぎますよね。石川氏は本当に黙っとけ!って感じです。手腕は敏腕ですし、補強についてもちゃんとしてますが、聖域なき改革が痛みを伴いすぎました。瀬戸山さんは評価できますね。いろいろと尽力されましたしね。野球愛ある人間に来て欲しいですね!

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
確かに!仰る通りそれが1番危惧されるところですね。不安は非常に大きく、また何かいろいろな内紛、そして球界問題になりそうでイヤですね。西村監督の采配も今年は?が多いです。容赦なくトレードは、現在のフロントのせいだと思いたいですね・・。理不尽な個人的な感情だけでの移籍等は百害あって一利なしですからね。スポーツ界に明るい人間でもいいと思います!とにかくきちんとしてくれる人にお願いしたいですね。

どうなるんでしょうか

今年はいろいろありすぎですね。
どうなるんでしょうか?かなり危機的状況な気がしてならないです。
横浜の件もあるし、身売りとかいう危惧もありますし、横浜、ロッテを除外して10球団で1リーグなんて球界再編は無いでしすよね。
そんな、気持ちにさせてしまいます。球団内のゴタゴタで、千葉でマリーンズが続くならどんなに焼きもいさせられてもたえますけど、球団がなくなる、それも千葉からいなくなると言うことは避けてもらいたいですけど。

某お金持ち球団のファンからマリーンズに乗り換えたのも、身近で応援しがいがあり、応援するファンの一体感が好きだったのですけど・・・・・

弱くてもいいので。
たまに、上位が狙えれば・・・・
歴の浅いファンですが、野球にこんなにどっぷり浸かれたことはなかったので、これがずっと続いてほしいと思っているのですが。

だれがトップに来てもいいですが(その辺の所はよくわからないし)、野球を楽しめる球団にしてほしいです。

No title

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
経営面で言えば赤字を約半分減らし、2度の日本一ですから功績としては申し分ありませんでしたが、それでもちょっと傷を作り過ぎた印象ですね。ここで辞めるのも印象悪いですが、早く辞めて欲しかったというのもまた事実です。最下位からですし、1からスタートするにはちょうどいいのではないでしょうか。是非新フロントに頑張って欲しいと思います。本当に何回も来たくなるチームや、そういう雰囲気にしてもらいたいですね。

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
球界再編だけは本当に勘弁して欲しいですね。将来的なことはわかりませんが、千葉を見捨てるようなことだけはしないでいただきたいと思います。内部のゴタゴタも勘弁なんですけどね~。まあ、ここまで来るともう呆れてしまいます。時期が時期ですしね。身近で、選手との距離が近いのも魅力ですよね。いい部分は継続して欲しいですし、またあのどんよりとしたマリン、ガラガラの球団には戻って欲しくありませんね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
321位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。