スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べっぴんさんなゲームで快勝。1年お疲れ様でした。

いろいろありましたが、マリーンズの2011は終わりました。今年もいろいろありがとう!


H 000 100 100 2
M 010 040 00x 5


山田と唐川、パリーグホープの対決で始まったマリーンズ最終戦は初回、伊志嶺がレフト前ヒットを放ち、31個目のスチールを決めると、岡田のレフト前で無死1・3塁とすると、井口のセカンドライナーで岡田は戻れず併殺。カスティーヨもサードゴロに倒れ無得点で終わります。
しかし2回裏、今江清田が連続ヒットを放ちまたもや無死1・3塁とし、里崎三振のあとに角中がレフトへの犠牲フライを放ち今江が生還。マリーンズが1点を先制します。
3回裏にも2死から井口カスティーヨ連続ヒットのあと、今江がフルカウントから11球目をフォアボールを選び満塁としますが、清田が詰まったライトフライで3者残塁。うーむ、残塁、多いなあ。
4回表、こちらも2死から内川がカーブをセンター前ヒット、松田もカーブをセンター前に運んで2死1・2塁とされると、今日スタメンの小久保がレフトへタイムリーを放ち、1ー1の同点となります。
しかし5回裏、藤田が通算600試合目を古巣相手に登板しますが、伊志嶺フォアボール、岡田のバントがヒットになって無死1・2塁としてなんのことはない、1死も取れずにピッチャーは大隣に代わります。するとダブルスチールを敢行し2・3塁とし、井口がセンターにきっちりと2点タイムリー。なんなんだこの理想的な展開は!!びっくりするくらい素晴らしい見とれてしまうべっぴんさんな攻撃で3ー1とすると、今江が3塁線を破りレフトへ2ベースを放ち1死2・3塁。清田は三遊間へゴロを放ちますが、松田のバックホーム間に合わずオールセーフ!さらに1点を追加し、里崎のザッツいいときの里崎なライト前で、投げたバットをくりんくりーんとなっている間に今江が帰り5ー1。最終戦になんとまあ、吐息がでるような素晴らしい攻撃を見せてくれます。
7回表、順調に順調に来ていた唐川ですが、長谷川と多村に連続2ベースを打たれ、1点を失いますが、結局8回まで唐川は粘投。9回は薮田が三振三振三振で締めて、ゲームセット!めちゃめちゃいい試合でマリーンズが勝利。2011シーズンは勝利で終えました。


最終戦を任された先発の唐川は、きっちりと8回まで投げ、たった86球、2失点で12勝目を挙げることに成功しました。被安打は8、三振はわずか1という内容だっただけに良く粘り強く投げたな、という結果にはなりましたが、序盤は素晴らしかったです。初回に里崎が盗塁を刺し、2回3回とぽんぽ~んと行ったときにはこれは今日いいぞと思いましたが、中盤以降は次第に球がちょっと甘く入ったかなと思います。何はともあれもう来季への課題が明確に見えた2011シーズンでしたから、来季はしっかり1年間投げ、勝ち星もですが防御率とイニング数、これを意識しながら過ごして欲しいですし、この部分をおーおきく伸ばして欲しいなと期待します。今日のように粘り強く粘り強く、来季は夏場にこんな投球が出来れば、チームも浮上してくれるはずです。
個人的にはピッチャー部門チームMVPとも思える薮田が、今日は3三振で締めて、31Sを挙げました。始まった時は正直1年間クローザーは無理かなあとも思いましたが、いやはや、薮田にごめんなさいしなきゃいけない状態になり、これは文字通り嬉しい誤算となりました。今年1年ほとんど失敗がないというのも大きく、安心して見ていられました。本当にお疲れ様、ありがとうと言いたいですし、宏之の穴がこんなにも簡単に埋まるとは、という気持ちです。来季も今年と同じような成績を期待するのは酷かもしれませんが、それでも非常に期待値は高く、計算には入ってますので、まだまだチームの為によろしくという気持ちです。


攻める方は今日は非常に素晴らしかったです。岡田は頑張った1年間を自分でお祝いするかのようなマルチに3盗塁と最後までイキイキした所を見せ、また今江も今日3の3で.269まで上げてチーム首位打者をゲット、井口も完全に1年間の調子を谷型で終わらせるかのような10月の鮮やかな復活を見せつけるかのようなタイムリー含む2安打、伊志嶺も里崎もヒットを打ちましたし、今日はちょっと残塁が多かったこと以外は言うことなし!というような内容になりました。

これでマリーンズも2011年の戦いは終わりました。借金は25、順位は断トツの最下位と褒められた結果には終わらず、選手、ファン共に苦心が続くシーズンとなりました。言いたいことは山ほどありますから、それはまたおいおい。ゆっくりと記事としてまとめていこうかなと、そのように考えています。
2011シーズン、当ブログをご覧頂いた全ての皆様、ありがとうございました。皆さま方のお陰で続けることができた、これは紛れもない事実です。引き続きまだまだオフも営業しますので、当ブログをよろしくお願いいたします!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
でも、なんで最終戦なのにショート正人だったんだろう・・・。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今季最終戦は願っていた勝ち方で幕引き M5-2H

マリーンズ、今季全試合終了。 ニッカン式スコア こういう野球が観たかった! 過去に何度か書いていますが、私は初回からとか1アウトからとかすぐ送りバントをする野球が好きではありません。 先頭の伊志嶺がヒットで出塁した時、岡田に送らせず伊志嶺に走らせました。こ...

コメントの投稿

非公開コメント

最終戦と来季に向けて

これぞ「機動力野球」というのが久々に出来たのかなという試合ですね。
やはり先発投手がテンポの良い投球が出来ると攻撃にも繋がるし、得点が生まれると投手も安心感が増すという相乗効果が出ることは野球の定番です。
最終戦とすれば内容がある試合です。

最終戦だからヒーインはないかなと思いましたけど、唐川が来季の開幕投手の意気込みを語ってくれたし、自身の二桁勝利という目標を本人は納得する形ではないにせよ達成できたことは大きいと思います。

野手は今季のMVPと言っても過言ではない岡田が全試合出場と40盗塁を育成選手としては初物尽くしという偉業を達成できました。
統一球に苦しむチームの中で輝いた選手だと思います。
来季は1番打者の定位置を勝ちとれるように精進してほしいですな。
荻野貴には申し訳ないが、ほぼ完全にセンターで不動の地位を築いた1年だと思います。

去年の日本一から最下位という位置についてはまだチームとして地力が付いていないのかなと感じた1年です。
まずは球団の組織をしっかりと整備し、環境を整えることが必須だと思います。
来季は足場を固めて、再び種を蒔くシーズンであってほしいですね。
間違っても、経営と育成を両立と称して「二兎を追うもの一兎をも得ず」の状態にならないように。
中途半端は1年を棒に振るしね。

閉幕

終わり良ければ全て・・・とはいきませんが、セレモニーに花を添える
良い試合でしたね!唐川投手は大人になりましたね~。中盤の
ぐだぐだがありながら12勝目で勝ち頭ですから、オフは体力をつける
ことが課題ですね。若い選手はプレッシャーから解放されたのか
イキイキとしてました。やっぱり角中、岡田、清田選手らこの辺りが
マリーンズの将来を担う訳でコンスタントに起用してもらいたいですね。
来季は西村監督にもっと柔軟性を見せて欲しいですし、ロートルや
ベテランに頼らないチーム作りを目指してもらいたいです。
ちょろさんのご意見のように、来年は育成の年でいいと思うんですけど
勝つと欲が出ちゃうんですよね。春先は特に調子がいいですから・・・・。

144試合レポどうもお疲れ様でした!これからも独自の視点の面白い記事を
楽しみにしています。

No title

終わり良ければ全て・・・とはいきませんが、セレモニーに花を添える
良い試合でしたね!唐川投手は大人になりましたね~。中盤の
ぐだぐだがありながら12勝目で勝ち頭ですから、オフは体力をつける
ことが課題ですね。若い選手はプレッシャーから解放されたのか
イキイキとしてました。やっぱり角中、岡田、清田選手らこの辺りが
マリーンズの将来を担う訳でコンスタントに起用してもらいたいですね。
来季は西村監督にもっと柔軟性を見せて欲しいですし、ロートルや
ベテランに頼らないチーム作りを目指してもらいたいです。
ちょろさんのご意見のように、来年は育成の年でいいと思うんですけど
勝つと欲が出ちゃうんですよね。春先は特に調子がいいですから・・・・。

144試合レポどうもお疲れ様でした!これからも独自の視点の面白い記事を
楽しみにしています。

こんな試合できるのかって思いそうになりましたが、シーズン前半は間違いなく足を絡めた攻撃は出来ていたと思います。だからこそ、最後とはいえやりたかった形で終われたのは、来季へのメッセージと捉えました。(重盗、エンドラン、2塁へのタッチアップなど)
今季は怪我人の話がよく浮上しますが、ある程度想定しながらシーズン戦っていかないと、いざ出てからでは遅いのが身に染みた一年でもあったように思います。望まずとも毎年起きてしまうし、よそのチームも同じですから。
特定のベテランをフルに使い続けるのも同様に、調子落ちてからでは遅い、やはり普段から有事に備え、控えの層を厚くする意識付けが重要だと痛感させられました。

そんな中、守備は一流ながら足が速いだけのイメージだった岡田が、走塁、盗塁、打撃(バント)と相当レベルアップしたのは来季に向けての最大の収穫だと思っています。伊志嶺、荻野貴司、清田、角中と鉄壁外野陣に加え、内野が整備されることを願って止みません。

今季途中からコメント参加させていただきましたが、オフも楽しみにしております!

No title

最終戦は西村監督のやりたい
野球が出来たのかなと思います。

岡田選手は今年素晴らしかったですね。
ここまで働くとは
シーズン前は全く予想出来ませんでした

予想以上の活躍では薮田投手もそうでしたね。
本当に失敗の少ない
素晴らしいクローザーとなりました。

少しずつではありますが
若手も育ち始めましたし
来年のマリーンズに期待したいです!

オフシーズンもtomtenさんらしい
視点での記事
楽しみにしております。

No title

今季、終ってしまいました。
最後の最後に素晴らしい展開で勝つあたりがマリーンズらしいですが、最後に今季を象徴するような最悪の試合やられるよりは遥かに良いですね。来季への希望と捉えましょう!
課題は山積み・・・先発・中継ぎの投手陣(薮田も書かれていらっしゃるように来年も同じ活躍を期待するのは酷ですよね・・って事は抑えも!)、長打力、いや最高打率が今江の.269ですから打撃全体の底上げ、里崎のバックアップ、内野手全体・・・うわー、どうするんだこれ。しかもおそらくお金は掛けられない、と。誰が先頭に立ってチーム作りするんでしょう?それであっても来季が楽しみですね。
今年はご一緒に観戦したりと楽しい一年でした。また来年よろしくお願いします!
超ハードワークの中、全試合更新ほんとうにお疲れ様でした!

No title

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
重盗に走りたい放題、西村監督理想の野球が最後に出来ましたね。試合自体もランナーが出ている割にはテンポ良く、正に理想的でした。内容ある試合でしたね。唐川はこれでもまだまだ不満というところが嬉しく、高みを目指して欲しいですね。岡田は本当に1年間怪我なく良くやってくれました。40盗塁は素晴らしいの一言で、少ない明るい話題の一つではありますね。まだまだ全然力もなく、選手層も薄いようなチームであるというのは歴然としていますし、上から下までまずはきちっと足場を固めることは不可欠でしょう。しっかりと土台を固め、ジャンプする準備をこのオフはつくってもらいたいですね。

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
最後の最後にいい試合が出来ましたね~。中盤ぐだぐだでここから負けるのは止めてくれよと思いましたが、それでもいい具合にまとめてくれました。12勝という数字は立派ですね。将来を担う選手が段々と出始めたこと、木村に阿部、山本徹なんかが経験値を貯められたことなんかも大きいでしょうね~。監督もいろいろオフに勉強して欲しいものですね。こちらこそありがとうございました!誤字脱字に加え、読みにくい文章で恐縮です。いつも本当にありがとうございます!

>トマトさん

コメントありがとうございます。
最後にいろいろ動いて会心の勝利を得ることが出来ただけでなく、足を絡めていい野球ができたことは来季に向けていい終わり方なんじゃないかと思います。仰る通り有事に向けての準備不足が現れた1年でしたね。怪我人に控えの実力差。この辺は来季に向けての1番の課題のように思います。岡田は走攻守、全てにおいてレベルアップを図り、充実した1年になりました。ロッテに岡田ありを見せつけてくれましたし、まだまだ飛躍を期待していきましょう。本当に成長著しい感じでしたね。オフもこちらこそ宜しくお願いします!

>マットゥンさん

コメントありがとうございます。
最後の最後に足を絡めて素晴らしい攻撃が出来たんじゃないかなと思いますね。岡田も1年間怪我なくセンターを守り続け、文句無しの働きを見せてくれました。嬉しいですし、来年ももっともっと数字を伸ばしてもらいたく、刺殺日本記録も来季も狙って欲しいです。薮田も良く1年間頑張ってくれました。1年間安定して仕事できたことは難しいですから、きっちりオフも見て欲しいです。若手も芽が生え始めていますし、来年また期待していきましょう!私もマットゥンさんのブログを楽しみにしております!

>BJさん

コメントありがとうございます。
普段からやっておけよな試合でしたが、本当に仰るようにグダグダな試合を見せられるより余程いいですよね。課題・・・・。多すぎます!もはや全部!の域ですね。首脳陣が引き継いだ途端にドン、ですし、全てが解消するわけでもないので、まずは出来ることから、小さいことからコツコツと精神で1つ1つこなしていってもらいたいです。まずは秋のキャンプから。それまでにしっかり方向づけをして欲しいですね。無理でしょうけど。
こちらこそありがとうございました。楽しかったです。今日は静岡までソフトボール見てきました。仕事で。まだまだ宜しくお願いします~。

お疲れ様でした

とてもとても辛かった今季がようやく終わりました。お疲れ様でした。
今季最終戦は、雨を心配して大きめの傘を持参しましたが、使うこともなく、日曜まで持ち歩きました。払い戻し&購入&出直しにならなくてよかったです。

最後の最後で良い勝ち方ができましたね。引き分けでも4割確保でしたが、最後に勝ってよかったです。4割確保&80敗回避は西村監督のささやかな目標だったのかもしれませんね。

今季を象徴するような岡田のライナー飛び出しやアチャゲッツー&どやゲッツーもありましたが、盗塁でチャンスを広げて得点することがようやく見れてよかったです。
ふだんでもこのような戦い方ができるように練習してほしいものです。

唐川は2週連続で好投を生観戦できました。8月の仙台で打球を足に受けて離脱しましたが、8月末の神戸では、打球を受けたオリの寺原が、その後も踏ん張って好投したのを見て感心しました。唐川も身体を鍛える、あるいは打球のよけ方を覚えるなどして、不慮の事故を避けられるようにしてほしいものです。

私の観戦成績は48試合19勝25敗4分でした(マリン24試合10勝10敗4分、ビジター24試合9勝15敗)。前半戦は21試合12勝7敗2分、後半戦は27試合7勝18敗2分と、後半の失速がよくわかります。球場別では京セラD4勝3敗、甲子園2勝ですが、仙台1勝6敗、神戸1勝4敗と、この二つが相性よくないです。
1試合のみでは、ナゴヤD1敗、西武D1敗、福岡D1勝です。

私的にはホームと思っている関西(京セラ神戸甲子園)の合計は7勝7敗ですので、マリンと関西で5割確保してほっとしています。

来年は開幕が仙台ですし、いきなり開幕連敗か???
まだ終わったばかりですので、ドラフトやオフの選手の入れ替わりを見てから来季を考えたいですね。

No title

>大阪の一ファンさん

コメントありがとうございます。
遅くなってすみませんでした~。とりあえずせっかく土曜日に組み込まれた訳ですし、天気が崩れなくて良かったですね~。80敗回避なんてものすごく低レベルな次元ですけど、まあ、良かったかなと思います。数字というのは残りますしね。やはり足を使った攻撃は素晴らしく、こういうのを来年も行って欲しいものですね。唐川もしかりで、来年はもっともっと勝負の年になると思われますから、精進してもらいたいです。いいですね~。私はマリンで負け越しまくっていますから、羨ましいです。遠征も勝てず、厳しいシーズンになりました・・・。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
298位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。