スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅野くん!日ハムに行ってくれ!

このままでは何にもならない。ドラフトとは、どっかの監督と血縁とか、関係ありません。

ハム強行指名に菅野ぶ然…進路保留、写真撮影も中止

今ドラフト最大の“ドラマ”となった。巨人の一本釣りが確実とみられていた東海大・菅野智之投手(22)には、日本ハムが敢然と1位指名。2球団競合の結果、日本ハムが交渉権を獲得した。衝撃的な展開に菅野の伯父の巨人・原辰徳監督(53)は大ショックだ。あわや“会見拒否”の事態となるなどドラフト会場は、騒然となった。
 凍りついた。東海大・菅野智之投手は別室でドラフト中継を見守り、交渉権獲得チーム決定後に会見場へ現れた。「多くの球団の方に評価していただいたのは、うれしく思います」。日本ハムへの感謝こそ口にしたが、表情はぶ然としたまま。予定されていた写真撮影も中止となった。
 巨人の単独指名を信じていた。ドラフト前の心境を「不安もありましたがワクワクした気持ちが強く、ワクワク感よりも緊張感のほうが強かった」と表現。期待に胸をふくらませていたが、まさかの展開が待っていた。
 伯父のいる巨人でプレーしたかったか、という問いに「大学に入って、ある程度の実績を残せるようになって、それが夢ではなくて、思い描いていたのはあるんですが…。そういうふうに思っていたのは、間違いなくあります」と打ち明けた。
 進路について、31日から始まる関東選手権後にも方向性を出したいとしたが、簡単に結論は出そうにない。日本ハムと交渉の席につく意思を聞かれ「さっきの出来事なんで、まだ監督だったり、両親と相談して、決めたいなと思っている。まだ、そういうことを考えてはいない」と語るにとどめた。

(デイリースポーツ)

一昨年長野、昨年沢村と1本釣りし、しっかりと戦力にしてきた讀賣でしたが、そこからこの菅野を1本釣りしようという姑息な手段に出た後、それが功を奏し成功したかと思われましたが、日本ハムの大ファインプレー、見事な勇気ある横槍に邪魔をされ、菅野の交渉権は日本ハムへと移ることになりました。

もちろん相思相愛だった菅野は苦しい会見を強いられ、原監督はもう目がうつろ、くじもひけない状態になりました。これぞドラフト、これがドラフトですね。1本釣りできるだろうというジャイアンツはもう油断があった、慢心があったとしか言えませんし、くじを外してしまったのもこれもまた運命。残念でしたね、と言うしかないし、そこには血縁だとか相思相愛だとかは関係ありません。

個人的な最大の懸念はこれで菅野が拒否、来年どこもリスクが高くて東浜1本釣りというのが怖く、澤村に続いての「ジャイアンツだけ特別だからジャイアンツが欲しい選手はとっちゃだめだから」みたいな空気が出来ることが最大の懸念であり、あってはならないことです。この雰囲気が出来かけていた今年ですから正に日本ハムはファインプレーですし、激しい言い方をすると、神様が読売様に試練と言うか、そう上手くはいかないよと示し合わせた、そんな気持ちでいます。

菅野自身は動揺を隠せずに会見で頭真っ白になるのはわかりますが、監督や両親がぐちぐちということではなく、本人の決断に任せて欲しいなあと思います。菅野がプロに行きたいのに、周りがだめ!絶対巨人!のようになることは避けて欲しいです。交渉のテーブルにもつかないというのは最大限評価してくれた日本ハムを小馬鹿にしていますし、他のドラフト生にも失礼です。まず話だけは聞いて欲しいですし、それで断るのも、まあ、一つの決断ですのでしょうがないかなとも思います。何はともあれ、門前払いするというのは社会を嘗めているというか、何さまですかという話にもなってきます。

私はタイトル通り、日本ハムに行ってくれることを願っていますし、日本ハムで戦力となり、伯父に甥っ子としてちゃんとプロでやっていますというところを見せること、こうなってしまえばそれこそが1番の家族・親戚孝行になると、そう考えています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
今年は面白いドラフトでした。いい選手を取れたからというのもありますけどね。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。


スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

菅野の行方

今年のドラフトの中で一番のドラマだと思います。
巨人ファン以外はこの強攻策を支持する人が多いですね。
僕もこの指名は支持するとまでは言えませんがルールに違反しているわけではないので不満を言われる筋合いはないと思います。
ただ、唯一あるとすれば日ハム側が挨拶に来なかった点だけでしょう。
こういう事は礼儀に始まり礼儀に終わるというものかな。

ま~、これが自分が応援しているチームだったら違った気持ちになるかもしれませんが、ドラフトというのは運もそうだけど縁も重要と思っています。
血縁とは別にチームの縁。
去年で言う所のロッテが斉藤を指名出来なかった事も縁がなかったと割り切れるし、外れたことで伊志嶺と出会えた。
そして、今季の感動が生まれたと思っています。
ロッテファンの大半が伊志嶺がロッテに来てくれて良かったと思っているでしょう。

話が逸れましたが、菅野が日ハムに運命を感じて素直に入団してくれればそれで良し、仮に拒否してもそれもまた流れの一つでしょう。
僕は基本的にどちらに転んでもその人の人生について何も言える事はありません。

今回の指名で改めて思うのが、長年マークしていた選手でも必ずしも獲得出来るという訳ではなく、1位に指名するから他の球団に交渉がきても拒否してくれみたいな空気を作ってはいけないなと思います。
これで希望枠や指名制を復活という降りになってしまうのは間違っても駄目ですね。
そういう事が起きない事を切に願いますな。

それにしても日ハムは誰が引いてもくじ運が強いというのが今後のドラフトに置いて怖いチームだと改めて思いました。
育成もうまいしこういうチームは見ていて羨ましいなと思います。
ロッテもそういうチームになってほしいですな。

ドラフト会議

日本ハムの今回の菅野選手の件は勇気ある決断でした。
しかし、裏をかえせば、それだけ他の球団に勇気がなかったということなんでは。
菅野選手は原監督の縁戚なこともあり、ちょっと特別な扱いはされてますが、過去にもなかった件ではありません。
日本ハムが事前に指名あいさつをしなかったことに、頑なな態度をとってますが、菅野選手ほどの有力選手についてスカウトが顔も見せてないとは思えませんし、そもそもあいさつにきたからといって、会うつもりがあったのか。
学生憲章で、学生野球界は逆指名や希望球団の表明したりすることは現在禁じています。にもかかわらず「希望球団以外はNPBに進まない」とおおっぴらに言わせ、意中のチームでないからと言ってドラフト後に頑なな態度をとる。
東海大はこういう指導をするのかとがっかりです(貢氏には逆らえないのでしょうが)。
昨年伊志嶺選手が気持ちよくプロ入りしたのと比較すると大きな違い…

藤岡選手を送り出す東洋大サイドの、「指名されて良かったね、プロでも頑張りなさい」と送り出す空気とは真逆。

菅野選手がこの先どうするのかは注目ですが、この先できるだけ長くトップコンディションで野球できる選択をすべきと願います。

No title

僕も基本的には指名された球団に
行くのが選手の運命だと思うので
菅野投手にはファイターズ入りしてほしい思いはあります。

もっともこれは一野球ファンのワガママであって
菅野投手が拒否したしても
それも一つの大きな決断として支持します。

ただ拒否するにしてもtomtenさんの
仰るとおり話を聞く機会が
設けてほしいですね。

日本ハム側が事前の挨拶がないのが問題なら
話を聞かないという
自分達まで問題視される行動はやめてほしいです。

それにしてもファイターズというのは
須永投手や長野選手、陽選手など
意中の球団がある選手でも
欲しいと思ったら素直に指名する

ここまでハッキリしていると
気持ちが良いですね。

勇気ある決断

公平に各球団に戦力が行き渡るためにドラフトが存在するんです。そのために
スカウトさんを始め多くの裏方さんが時間をかけて調査をして、
頭を使って策を講じるわけですよ。その駆け引きもドラフトの見所の
ひとつです。ジャイアンツのワガママがまかり通るっておかしいんですよね。
祖父の原貢氏まで口出しするのは論外です。野球界は貴方の私物では
ありません。こういう囲い込みを始めとして、本人の意志とは無関係に
コーチや監督の思惑で将来を決定されるのも、プロ野球をつまらなくしている
遠因ですよ。コネだけで人生は切り開いていけません。
リスクを取ってまで間違った慣習に一矢報いたファイターズは素晴らしいと思います。
会場で沸き起こった拍手は、多くのプロ野球ファンの気持ちを代弁しています。
菅野投手は大人のロボットになるのではなく、自分の実力でどこでもやっていける
ところを是非見せて欲しいと思います!


No title

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
間違いなく今年で言うと1番ですよね。スポーツ紙もここぞとばかりに激しく報道しています。日本ハムはその通りで、ルール違反していませんのでなにもおかしくはありません。挨拶に行かないで指名と言うのはありますけど、それは日本ハムは昨年も斎藤の時もそうですし、外部に知られたくない戦略上でしょうね。運と縁、これはかなり占める割合が大きく、これも運命ですよね。今いるNPBのメンバーすべてにいえることです。菅野は入るか拒否するかは自由ですけど、行く末に注目したいですね。そういう変な空気は絶対に作るべきではなく、だからこそ入って欲しいなと思います。

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
確かに、他でも菅野が欲しい球団もあったでしょうね。しかしながら結果的に2チームになってしまったというのは、変な空気を読んでしまった結果だと思います。挨拶にいって門前払いしたのか、おおっぴらに正々堂々と意中以外いきませんというのはおかしいし、長野や澤村といったことがあるので何とも言えませんけど、頭が固すぎますよね。プロと言うのは狭き門ですから、こういう態度は個人的には?ですし、おっしゃる通り本人はともかく学校側は気持ちよく行かせるべきであると思います。

>マットゥンさん

コメントありがとうございます。
全ては本人が決めることですから、私も行って欲しいですが、拒否して進路を社会人か何かに進めてもそれはそれでわかります。それでも周りが勝手に判断することや、話も聞かずに拒否をする、そういう大人げない態度は辞めて欲しいですよね。日本ハムは戦力増加に向けいい選手を関係なしに取る、まあこれが当たり前なんですが、そういうストレートな戦略は気持ちいいですね。

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
ドラフトと言うのはくじ引きですから、ドラフト生にとっては誰にとっても公平な制度ですよね。希望球団以外NGと言う気持ちはわからんでもないですが、球団側がごちゃごちゃいうのは明らかにおかしいですよね。親戚が言うのもどうかしてますし、王様体質なオレンジのチームの考え方が出てきています。わがままで嫌になりますね。会場の拍手は私も同じ気持ちです。これぞ野球の神様が用意した舞台ですから、気持ちよく最大限に評価した日本ハムに行ってもらいたいですね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
298位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。