スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる元マリーンズ戦士の動向

サブローに宏之、2010年までロッテを引っ張ってくれた選手たちにもいろいろと新天地でニュースが出てきています。まずはこちらから。


巨人・大村、FA権について態度を保留

フリーエージェント(FA)権を持つ巨人・大村は5日、今後について明言を避けた。「まだ時間はある。どうしようかなと少し考え始めたぐらい。時期がきたら決めようと思う」と話すにとどまった。今季途中にロッテから工藤との交換トレードで移籍してきた35歳。「激動の1年だったし、勉強もさせられた。反省も多い」と振り返った。

(サンスポ)

出場機会、とりわけスタメン出場というのがほとんどなく、代打での出番がやっとで、2軍に長い間落とされたりと、ジャイアンツに移籍してから苦汁をなめ続けたサブローの2011年でしたが、やはり本人も長年ロッテでやってきただけあって起用方法にもあまり良くは思っていないというか、もっともっと試合に出たいという気持ちが強いのでしょう。FAに含みを持たせる発言をしていました。ロッテが12球団でいち早くFA撤退を宣言した翌日にというのが非常に皮肉な結果ですが、はっきり言って今のロッテにはサブローが帰ってきても居場所はなく、そりゃもちろんロッテのサブローとしてマリンでもう1度というのは気持ちとして持っていますが、ここは心を鬼にして、若手の外野手に頑張ってもらうべくサブローはスルーした方がいいように思います。恐らく万が一にもFA宣言などしてしまえばロッテ以外の球団ということになりそうですし、果たして手を上げる球団が出てくるかどうかという心配をしてしまいます。もう35歳になるサブローですし、寂しく、憤りは当然感じますが、来年またジャイアンツで頑張って欲しいなという気持ちが今は多いです。ジャイアンツも昔ほど戦力が厚くなく、外野は長野くらいしか固まっていませんし、残り2枠を高橋由、亀井、谷あたりと争うような格好でしょうか。ラミレスが抜けてサブローもチャンスでしょうから、来年頑張ってもっともっとロッテフロント陣を後悔させてあげて欲しいと思います。

小林宏がバント練習…先発転向へ本格始動

来季、先発転向を視野に入れる阪神・小林宏投手(33)が6日、野手陣に交じってシート打撃に参加。3打席に立って2度、犠打を決めた。ここまで疲労を取り除くことを最優先に、ランニング中心のメニューを消化。調整はベールに包まれていたが、初めての先発練習がバントだった。再起を懸けて挑む2012年。”打てる先発”に、ローテ入りの期待がかかる。

 打撃ケージが片付いたグラウンドで、ぎこちなくヘルメットをかぶった。背番号は41。今季、一度も打席に立たなかった小林宏が、バットを握って順番を待った。ここまでベールに包まれていた先発調整。“お披露目”はマウンドではなく、バッターボックスだった。

 まず対決したのは安藤。無死一塁の想定で、バントの構えを見せた。実戦ではロッテ時代の09年5月28日、広島戦(呉二河球場)以来、2年以上遠ざかっていた打席。初球をファウルしたが2球目、きっちりと投手前でボールの勢いを殺した。続く久保田との対戦も無死一塁。今度は一発で走者を進めた。

 3打席目は無死一、二塁。三塁方向への犠打を試みたが、惜しくも投フライに倒れた。それでも久々の打席で、いきなり2度のバント成功。4日の練習ではロングティーで、柵越えを連発している。すでに披露した長打力に加え、小技も難なくクリア。ネット越しに見守った和田新監督も「打撃がいいのは知っている。バントを見るのは初めてだけど、下手じゃないね」と高評価を与えた。

 小林宏以外にも安藤、上園と、来季の先発ローテを狙う右腕も打席に立った。投手参加のシート打撃実施に、指揮官は「これは春もやっていく。数多くやっているけど、メーン球場ではプレッシャーが違う」と説明。小林宏の先発転向については「来年は数多くやるかもしれない。準備しておくということだね」と続けた。

 今季、阪神に加入したFA右腕は当初、セットアッパーとして「八回」を任されていた。だが、42試合の登板で1勝5敗(防御率3・00)。2度の抹消は不本意に違いない。秋季キャンプは安藤、久保田とともに志願参加した。ここまでは疲労軽減を最優先に、走り込みや体幹トレ中心のメニューを消化。依然としてノースロー調整を続けているが、来季に向けて着々と準備を進めている。

 「やってもらわないと困る人材。チーム構成上、必ずやってもらわないとね」とは藪投手コーチ。今季…いや、長年の課題として、6人目の先発を固定できない事情もある。09年シーズン以来、3年ぶりの先発挑戦。05年から3年連続2ケタ勝利など、実績に不足はない。“打てる先発”が、覇権奪回のキーマンになる。

(デイリー)

随分とまあ長い記事、そしてデイリーらしい中身の記事になりますが、こちらも同じく今年ロッテを旅立ち、メジャーからお声が掛からず、阪神へと移籍となった小林宏です。阪神ファンの会社の先輩に「コバヒロがご迷惑を・・・」と謝ると「高濱返してくれ」と返されるくらい、阪神ファンの印象は悪いです。それもそのはず、大事な僅差の8回を任されて防御率は3.00、出てきてはリードを吐き出しというような登板が続いたので当然で、もし浅尾と小林宏の成績が逆なら順位も逆だったんじゃないかというくらい、勝ち星を逃がしてしまう投球が続きました。そして今度は先発転向という話で、バント練習をしただけなのでまだまだ信憑性は低いような気がしますが、それでも今のポジションであればまだ先発の方がいいでしょう。力の衰えは顕著ですから先発でどこまで通用するかを見てみたいような気がしますし、これはこれで楽しみです。

2人ともまだまだロッテでやって欲しかったという気持ちはまだあり、未練はあります。実際FA公使→残留を認めていれば、そしてヘンテコトレードさえやらなければ、まだまだ2人はロッテにいた可能性が非常に高く、勿体ない流出劇だなあとは今でも思っています。しかしながら、そうやって涙ながらにいなくなった選手だからこそ、今いるチームで試合に出て活躍している姿というのを見せて欲しいですし、それを楽しみにしているという気持ちは持っています。来季の2人の活躍にも、今から期待しようと思います!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
サブローのFAが気になります。年俸を上げるためと思っているんですが・・・。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今季のコバヒロは、昨季よりも、強く印象に残りました。甲子園で登板するたびに、ファンの「えーっ!」という悲鳴と「あーあ」というため息が起こりました。初登板でいきなり失点してから、ずっと波に乗れなかったですね・・・
抑えても「たまたまや!」、打たれると「やっぱり・・・」ずっと信用されないままでした。二軍落ちした時は「やった、これで巻き返しや!」と、みんなが喜んでいました。(実際に勝率が上がりました(笑))。交流戦の頃に、グッズショップで41番Tシャツを買いましたが、最初に着た時に「こんな奴のTシャツ着るな!」とからまれ、それ以来怖くて着れません・・・

投手にしては、打力はありますから、長い回を投げる方が良いのかな・・・
第二先発で使うと良いと思いますが、阪神はその作戦は好まないようですので、先発で6回まで投げられるように頑張ってほしいものですね。

来季は、41番Tシャツを甲子園で着れるように願っています・・・

>小林宏以外にも安藤、上園と、来季の先発ローテを狙う右腕も打席に立った。
上園は、楽天にトレードされるようですね・・・

元ロッテ選手の動向

近年のロッテから移籍した選手で活躍したなと思える選手は久保のみのような気がします(今季は厳しかったですけど)。
あとは年俸に見合った活躍が出来ていないかな。

今回の記事に登場した二人に関しては、サブローは正念場なのかな。
ただ、巨人の外野は若手選手がなかなか芽吹かないだけにそのときの状況で変わるでしょう。
いずれにしても来季はどんな形にせよ、マリンで野球をする姿を見せてくれればなと思います。

小林宏は散々な一年かな。
去年の終盤で見せた悪い面がそのまま今季で現れてしまった感じですね。
来季から和田新監督になるにせよ、先発や中継ぎでチームに貢献しない事にはね。
ま~、仮にメジャーに移籍していたら今季の成績よりもっと過酷な気もしますが。

がんばりどころ

阪神は監督変わりましたが、成績不振の責任とらされての人事ですし、コバヒロ選手も責任感じてるはず。ウチは母が熱烈な阪神ファンなので、実は移籍決まったときに先に「ごめんなさい。」って言っといたんです。1年間抑えでフル回転し、しかも2010はマリーンズのシーズンが長かったのでケアする時間もなかったに違いない上、今年はセットアップなんてさらに無理を強いるポジションで、長くコバヒロをみていた我々には不安いっぱい…
終わってみたら案の定…
近年リリーフの価値は上がってるというもの、阪神は相当なギャラをコバヒロに払っていて、等価としては先発の金額ですよね。ぜひ来季は先発で、額面どおりの活躍を期待したいです。母のためにも…。
打撃も見たいし(笑)

PS
蛇足ですが藤岡選手の打撃が素晴らしいらしいですよ~

二人ともまだまだ

サブロー選手にとって将来的にはともかく、今は巨人で頑張る方が良いでしょうね。
マリーンズでは外野は足りているし、ベテランが戻ってきたらまた若手の競争心を削ぐ
ことになりかねません。競馬新聞を読んでいて原監督に嫌われたなんて噂がありましたが、
打つ方は相変わらず勝負強いですから、ここは一つ辛抱して巨人で名前を上げてから
帰ってきて欲しいという気持ちです。
タイガースから見たら詐欺に遭ったようなものですが、小林宏投手は去年の成績を見れば
こんなものでしょうね・・・・・。でもバント練習するなんていいじゃないですか。
今までのプライド捨ててタイガースでやっていく気なんでしょう。安易にメジャーを口に出して
あっさり翻した時よりも野球に対して真摯に向かっていると思いますよ。

No title

>大阪の一ファンさん

コメントありがとうございます。
デビュー時から良くなく、特に春先はまた点取られてるよ状態でしたから、この甲子園の罵声も仕方ないでしょうね。ずーっと調子も上がらず、また本当に大事な場面で打たれてしまっていましたから、信頼もなくなってしまうのもわかります。まあロングリリーフ、あるいは先発の5・6番手から出発して、ポジションを勝ちとって欲しいですね。41ユニ、着れるといいですね~。

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
ロッテから出るとなかなか活躍出来ない状況が続きますね~。ロッテの空気に慣れてしまうと、他球団ではなかなかなじめないのでしょうか。サブローは来季はラミレスが抜けてチャンスではありますよね。開幕スタメンをとりあえず目指して欲しいですし、頑張っているところを見たいという気持ちは当然あります。コバヒロは、ちょっと今年は悲惨でした。8回という場面がもともと合っていない様な気がしましたし、この辺りは難しいでうす。和田新監督がどう使うのか、見物ですよね。

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
うーん、なるほど。コバヒロに関しては責任の1つとして取り上げられるでしょうし、来季はリベンジに燃えて欲しいですね。私も阪神サイドの期待の高さに正直冷や冷やしていましたが、結果予想通りになってしまいました。昨年初めてのリリーフで1年間通してくれて、メジャーに行けず、阪神でセットアッパーというのは非常に厳しかったですね。来季頑張って欲しいです。先発で見てみたいですね~。藤岡の打撃見たいです!しかし交流戦までみれませんね・・・。

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
今年はラミレスが抜けたこともあり、サブローも来季は巨人で頑張って欲しいですね。外野のレギュラーとして立派にして欲しいですし、4番なんかも狙って欲しいです。阪神は今年見事にコバヒロには騙された感じだったかと思いますが、仰る通り今は真剣にやっているような感じが見てとれますね。今年のいろいろな失敗を反省し、来季に活かしてもらい頑張って欲しいですね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2796位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
386位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。