スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まーくん沢村賞おめでとう!

パにはいい投手が多いです。文句なしの成績でした。おめでとう!もっともっと進化を!

楽天・田中が初の沢村賞!ダルを「ほんのちょっと上回った」

プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会(土橋正幸委員長)が14日、東京都内で開かれ、パ・リーグの最多勝利、最優秀防御率、最優秀投手(勝率1位)の3タイトルを獲得した楽天の田中将大投手(23)が初めて選出された。

 田中は今季、27試合で226回1/3を投げ、19勝5敗、防御率1・27、勝率7割9分2厘、241奪三振、14完投を記録。先発完投型の本格派が対象の選考基準は15勝、防御率2・50、200投球回、10完投、150奪三振、25試合登板、勝率6割の7項目で、田中は全てクリアした。楽天では2008年の岩隈久志投手以来の受賞。

 日本ハムのダルビッシュ有投手も全項目の基準を満たしており、2人の受賞も検討されたが、最終的には委員5人による多数決で3人が推した田中に決まった。土橋委員長は「防御率は投手の一番の評価。完投数も勝っている。田中がほんのちょっと上回った」と説明した。

(スポニチ)

今年の沢村賞は田中将大に決まりました。
19という勝利数、断トツの1.27という素晴らしい防御率、226回に241三振ですから、文句ありませんし、いくら投高のシーズンとは言え堂々たる成績です。
しかしながら心配が、統一球初年度ということでこれが参考記録になってしまうんじゃないかという懸念、これがあります。もちろん素晴らしい数字ですが、この年は統一球導入年だからという形で将来的に見られること、これが心配です。こと防御率にするともう傑出度がどうしたって出てきますから、そこがちょっとどうでもいいような心配をしています。
しかしパはダルを始め、杉内に和田、金子千尋に岩隈、涌井といますから、今年はどのチームにとっても貧打という形になるのは仕方ないかなという風に思います。今更ながらDHがあるということは先発投手が行けるところまでいける、という点で非常に先発投手に力をつけやすいように思いますし、セだと7回くらいにどうしたって打順が回ったり、それとも早い回で僅差チャンスだと代打という作戦が出てきてしまうのも仕方ありませんので、その差というのも出ているのかなとも思います。
なんか威嚇に見えるようなガッツポーズ禁止とか言っている人もいますが、土橋のとっつあん時代のの日本ハムというのはまあ~弱く、こういう考えの人はやっぱり監督とかそういうのに合わないのかなあとは思います。も人的には土橋のとっつあんは好きですが、こういうこと言ってしまうのも残念ですし、顔が出ないままこの発言だけあるいていく報道にも残念です。「ガッツポーズなんてよぉ~、あんまりあれやってほしくねーなぁ、敵に向かって吠えてるだけじゃねーかぁ、ガハハハハハ!」みたいな感じで言ったのかはわかりませんが、両者共に気にしないで欲しいですし、田中は気持ち抑えめでいいと思うので、来季も自然に出るガッツポーズは無理やり封印せず、どんどん吠えちゃっていいと思います。

来季は楽天はまだまだ補強をして行くとも思いますし、今年よりも強敵になるのは明らかでしょう。ロッテとしてはまずは開幕仙台。ここは向こうは十中八九田中ですから、2012シーズンの幕開けで出鼻を挫けるように、そこをまず目標にしながらいつもより長い長いキャンプに励んで欲しいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
沢村賞、ロッテ初の選出が、見たいですね・・。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。

スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マー君の沢村賞、嬉しかったですね。ダルも立派だし充分な資格だと思いますけど、今年はマー君が上だったかな~成績と別次元の話なので沢村賞の選考には関係ありませんが、節目節目の試合で必ず勝ってきた事の存在感が凄かったです。
ガッツポーズ禁止、思わず失笑でしたね。「品格」って・・・何をもって品格とするのか。そもそも由来となった沢村氏だってどんなスタイルだったかいまや殆どの人が知らないのに。日本人てこういうとこ小うるさいよなーと思ってしまいます。
来季の開幕、苦労するでしょうね・・。でも選手達には絶対に勝つ!という意気込みで行って欲しいです!

田中将の沢村賞獲得

春季キャンプの声だしで「沢村賞を獲得します」と公言してますから有言実行をしたのだなと思います。
口で言うほど簡単な賞でないことは当然ですが、今後の野球界を引っ張っていく存在になったなと改めて思います。
ガッツポーズ禁止というのが残念ですよね。
あれもこれも言われると、面白くなくなるし見ているファンが熱い気持ちになれると思うので出来る範囲でやってほしいですよね(ロッテ戦以外で<笑>)。

岩隈に続いて、田中将も沢村賞。
楽天は本当に手強いチームになったなと痛感します。
ロッテもそんな賞が取れるような選手に成長してほしいですよね。

球界のエース

田中投手は高校生の頃から「プロが投げている」と言われるほどの逸材でしたが、
今年は文句の付けようのない成績で沢村賞!素直に嬉しいですね。
しかしガッツポーズはピンチを抑えた時に自然に出るものなのに物言いをつけるのは
野暮ですよね~。(子どもの教育うんぬんなら、グローブを叩きつける方がよっぽど
悪いです。ふがいないピッチングした自分が悪いのに道具に当たるな!って思います)
田中投手には瑣末なことを気にせず、吼えるのがトレードマークになるくらいバンバン
勝っちゃえばいいんですよ。優等生発言と闘争心が上手くバランスが取れている選手なので、
これからもマリーンズ戦以外で応援します(笑)。




No title

>BJさん

コメントありがとうございます。
マーくんはもう異次元でしたね。確かに今年のダルビッシュも凄かったですが、マーくんの方が仰る通り存在感もありましたね。文句ない受賞ですが、ダルとW受賞でも今年は良かったかなと思います。品格はまあ呆れますし、大部分の世論はマーくん側ですから、気にする必要もありませんね。来季も吠えまくってもらいたいものです。開幕楽しみですね~。おそらく勝てませんが、楽しみにしています!

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
そういえばそうですね~。まさしく有言実行でした。それくらい今年の仁王様のような田中には凄味を感じましたし、存在感は充分でした。ガッツポーズ禁止はそんなに気にしなくてもいいでしょうね。普段通りでいいと思います。楽天生え抜きですし、田中がまずはミスターイーグルスになるのでしょうか。来年はCSで戦いたいですね。

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
高校野球を沸かせた投手がそのままストレートでプロ入りし、ここまで成長を遂げる姿というのはやはり見ていて気持ちがいいですし、人柄もあって素直に嬉しいですね。仰る通り、ガッツポーズに苦言など呈して欲しくありませんし、本人はこのままバランスの取れたまま成長して欲しいですね。マウンドの仁王様とそれ以外の仏様でこれからもあって欲しいです。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
321位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。