スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく、勝ち越せるエースでお願いしますよ

防御率のタイトル、というのはそういう中では悪い選択ではないと思います。けど、2点減らすのは厳しいぞ!


成瀬 「マー君超え」で最優秀防御率狙う

ロッテのエース成瀬が「マー君超え」でのタイトル奪取を目標に掲げた。16勝1敗、防御率1・82の07年に最高勝率、最優秀防御率に輝いた左腕も以降はタイトルとは無縁。

 来季は日本ハム・ダルビッシュ、ソフトバンク・和田、杉内、ホールトンらタイトルを争ってきた各球団エースが退団となる可能性が高く「今までよりタイトルは獲りやすくなった。勝敗は運もあるので、防御率が一番魅力があるし欲しい」と意気込んだ。

 最大のライバルは今季、最優秀防御率を含む多くのタイトルを獲得した楽天・田中だ。今季は3度投げ合って0勝2敗だけに「(田中との投げ合いは)失点はできないし、きつい。その分、勝った時の喜びはとても大きい。もちろん開幕投手は譲りません」。来年3月30日の楽天との開幕戦(Kスタ宮城)でリベンジし、5年ぶりのタイトル奪還に弾みをつける。

(スポニチ)

成瀬という人物はこういう時の発言というのが非常に空気が読めるというか、優等生というか、言いたい放題の投手が多いパのエース達の中でいい意味で異彩を放っている印象があり、この少年野球教室の中での発言もピッチング同様まとまりすぎている感があり、いい意味でも悪い意味でも無難な感じがします。これはこれでいいことというか、成瀬らしいなぁとも思うのですが、その中でも出てきた言葉は最優秀防御率の言葉だったのは意外でした。何といっても今年の成瀬は3点台中盤というあまり統一球の恩恵を受けなかった印象がありましたし、何よりも2年連続のホームランキングを受賞してしまったそのミスター不用意な1球の称号を返上しない限りこの防御率のタイトルと言うのは無縁な気がします。制球が良く、本当にフォアボールが少ない点はもちろん嬉しいのですが、1発が多いこと、とりわけ伏兵級に停滞1発を浴びまくっていれば防御率も低くはなりませんし、勝ち星もするりと逃げてしまう試合が多くなってしまうのは当たり前のことです。

ここ2年の反省はずばりそこだけで、試合は作る能力は間違いなくチームトップですし、長いイニングを、130球程度であればばてないスタミナ面も1番だと思い、だからこそエースエースと呼ばれている投手ではあるんですが、上記の1発病を克服しない限りはこのもう1つ上は見えてきません。今年の成績ではダルや杉内が抜けたからといってタイトル争いに絡めるとも思えませんし、そもそも開幕投手すら100%補償されているわけではないので、その争いに勝たなければなりません。どちらかといえば防御率が取れそうなのは唐川の方じゃないかと思われている部分がありますが、成瀬にはこの言葉を発したからには狙って欲しいところですし、その為には球威を上げ、なおかつ集中力をあげることも非常に大事だと思います。

現時点ではまだまだマー君超えなど夢のまた夢です。スーパーエースと成長した田中ではなく、唐川や涌井といった年下のエース・エース候補に負けないようにお願いしたく、エースと言われながら3点台の防御率、被弾王、負け越しと、本人もファンも納得できない成績から脱皮して欲しいというのが来季1番の願いですので、それこそ防御率のタイトルを取って私に全力で謝らせてもらいたく、そして内海や金子千といった一皮むけた投手へ飛躍してくれる来季になってくれることを期待しています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
まずは、やっぱり、痩せなきゃ・・。球威というのも、大事です。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

成瀬の目標

随分とでかく目標を掲げたなと思います。
ま~、プロですからこれぐらいはやってもらわないと応援する側とすれば張り合いがないでしょう。
現実問題としては四死球の少なさはリーグでもトップクラスですから、ゲームを作る点としては申し分ないでしょう。
ただ、勝敗は運と申していますが、野球というのはチームとして成り立っている訳で、個人能力が高くても限界はあります。
防御率を狙うなら、野手が大量得点を序盤から獲得してくれれば投手としては伸び伸びと自分の投球に専念できる筈です。
少なくとも、今季のようにホームランやヒットを打たれすぎるようでは論外です。
来季の成瀬を見る目は明らかに今季とは別の目線になっているでしょう。
まずは唐川との開幕投手の座を勝ち取ることが目標ですな。
そこでも勝てないようでは完全にエースの座は剥奪ですからね。

あくまでもポジに

今オフパ・リーグのエースクラスがばんばん抜けるので、成瀬選手としてはチャンスですよね。天敵中島選手も移籍しそうだし、追い風吹いてますよ。
マーくんは手ごわいけど、しかし野球はひとりでやるもんじゃなし。
この件については、マーくんからまったく点がとれなかった攻撃陣こそがまず改善を試みるのが先です。
成瀬選手の今年の不調は、私見ですが体調の問題ではと考えます。昨年はそれこそ「成瀬しかいない」マリーンズ投手陣の中で文字通り孤軍奮闘、プレーオフや日本シリーズまでフル回転でしたから、影響なかったわけないんです。しかし成瀬選手は言い訳はせず、負け越したけど二桁勝ち、いちども離脱することなくローテを守りました。評価すべきではと思います。
確かに成瀬選手にはファンも含めて要求するもののレベルが高いので、厳しい評価が目立ちますが、ドラフト下位入団の高卒左腕でこれだけ数字を叩き出したのは成瀬選手以外いないということは、見逃しがちです。
唐川選手も含めて実績のあるパ・リーグのエースクラスはドラフト上位入団で、言ってみれば活躍してあたりまえ。しかし彼らと対等に、それ以上に渡り合ってる成瀬選手の努力は案外見過ごされてると思います。

前半完璧に抑えている時ほど、後半伏兵の一打や一発に泣くことが多かった印象です。
打たれて首を傾げたり泣き顔になるというのは、エースなら余分ですね。ポーカーフェイスでいろという訳ではないのですが、やられて露骨に表現するのはまだまだ未熟、逆に伸びしろのある証と信じます。
気になるのは、球種の少なさで、チェンジアップ主体はともかく、もっとカーブを磨いて欲しいです。もともとストレートで空振りとれるし、緩急差がもっとつけば、まだまだ防御率は下がると思います。
課題はウエイト。年始にブクブクになっていないことを祈ります(爆)

No title

>ちょろさん

コメントありがとうございます。
ここ2年の成績を見る限りでは、大きい目標であることは確かですね。ただその失点の多くは手痛いホームランから来るものであり、そこをなくせばぐっと近づいてくるようなものだとも感じます。援護というのも大事ですよね~。来季はエースとしては背水のシーズンになりそうで、ここ2年と同じ結果に終わればエースと呼ぶことは出来なくなるかと思いますね。まずは開幕投手目指して頑張って欲しいと思います!

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
成瀬としてはパには俺もいるんだぞと世間にアピールできるチャンスですね。ここで一気に成績を上げれば、当然WBCの候補にも入ってくると思います。マーくんとの対決云々は、そうですね。まずは打撃陣なのかもしれませんね。今年も当然長いイニングを投げながら1年間ローテを守り抜いたこと、こればかりは評価しないといけないですし、当たり前のように見えて凄いことですよね。高卒下位指名で早くもここまでたどり着いたのは非常に嬉しく、またロッテが自慢できるところでもありますよね。だからこそ、もう一皮むけて欲しいなあ・・とも思ってしまいます。

>トマトさん

コメントありがとうございます。
あの左手を顔にあてうなだれる姿はもう成瀬のトレードマークにもなりつつありますよね。それだけ大事な場面で1発を浴びているとも言えますし、確かにもう少し、余裕を持って投げてもらってもいいかなあとも思います。球種ですか~。なるほど~。カーブでカウントが稼げるようになればまた攻め方も違ってくるでしょうし、緩急も使えるしでいいかもしれませんね。本当に石垣に行く頃にはもうぽっちゃり、なんてことはないようにお願いしたいです。

人のことよりまず自分

また大きく出ましたね(苦笑)この人の場合ビッグマウスが良い結果になったことが
無いんですが・・・・・。皆さんのおっしゃる通り、貧打で気の毒なくらいでしたが、
今年は肝心なところで打たれてしまったケースもありました。特にイーグルス戦で
最後に被弾されて引き分けになった試合は、せっかく田中投手に黒星をつけるチャンス
だったのにもったいなかったです。それにtomtenさんのご指摘のように近年タイトル
争いに絡んだことが無いので、各球団のエースが出て行っても関係ないような気もする
んですよね~。
まず謙虚に己を見つめ直して、ダイエットに取り組んで欲しいと私は思います。

No title

僕はもっと成瀬投手に関しては
ボール球を使う意識が
無いと厳しいかなと思います。

とにかく僕の成瀬投手のイメージでは
特にランナーのいない場面でそうですが
フルカウントになったら
真ん中近辺にとりあえずストライクを投げる→長打を食らう
(特に伏兵に)

こんな形で四球が嫌なのだと思いますが
そりゃ成瀬投手の球威では
下位打線でもやられますよ。

もちろん副産物として四球が増えるとは思いますので
ここは難しいところですが

でもてんとう虫さんのコメントを
読んで反省しましたよ。

高卒ってドラフト下位で
特別凄い球があるわけでもないのに
毎年のようにケガせず投げてくれる
しかも短期決戦にも強いですし
成瀬投手がいなかったら、もしくはケガでもしてたら
大変なシーズンばかりなのに
これだけ働いてくれる投手に
ケチばかり言ってちゃねぇ~

ちなみに僕はそれほど体型は関係ないと思っています。
これでマーフィー投手みたいに
太った事が影響して?ケガしたとなるとアレですが
これでしっかり毎年、投げれるなら
その部分については気にしないというか
何が問題か僕には分かりません。

これは一昨年福浦選手が腰痛対策で
痩せたらパワーなく全然ダメになって
そのオフに肉食系を宣言して
昨年、ベストナイン獲得と結果を出したので
それもあり僕の中でプロ野球選手は
結果が出なくなる位太らなければ
問題ないという見解です。

No title

>ゆきりんさん

コメントありがとうございます。
最優秀防御率とは大きく出ましたよね~。確かに援護がなかったことは気の毒ですけど、それでも肝心な場面での被弾なりタイムリーが痛かったですね。あれがなければもう1点防御率が下がったような気もします・・。タイトルとはここ数年無縁ですから、タイトル争いに絡むというだけでもいいので、頑張って欲しいですね。

>マットゥンさん

コメントありがとうございます。
ボール球を使う勇気、これがないとは思いますね。それでついつい腕が縮こまって甘く入るという場面が多いですよね。甘い球が多いのがちょっと気になりますし、そこは治して欲しいところです。高卒でドラフト下位、それで毎年イニングイーターとしてローテを引っ張ってくれているというだけでも十分凄いことですよね~。それは思うんですけど、押し出された形とはいえ、1球団のエースですから、もっともっと安定感を出してもらいたいとは思います。体型は・・やせればいいとは言いませんが、やはり腹周りが気になっちゃいます。2008年より明らかに太っていますから、2008年をやっぱり考えてしまいますね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
370位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。