スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成瀬も唐川も背番号位勝てる!・・・・はず

成瀬っていろんな人に嘗められてるというか・・。涌井にもなんか色々言われてたし・・。優し過ぎるんでしょうかねえ。それよりもこの唐川には今季も頑張ってもらわないと!


唐川 ライバルにけん制「成瀬さん辞めちゃうんですか」

ロッテ・唐川がQVCマリンで自主トレを公開した。「タイトルに絡んでいきたい。やっぱり勝ちたい。勝つためにやっているので」と高卒投手では球団最速となるプロ5年目での最多勝を目標に掲げた。昨季は自己最多の12勝をマーク。さらなる飛躍へ、昨季プロ5年目で最多勝を獲得した楽天・田中へ挑戦状だ。

 「今年は(得意球の)スライダーも狙われる。昨季は使えなかったチェンジアップを握りを試しながらやっていく」と緩い球の本格習得に励む。元日にブログの不正侵入で引退騒動に巻き込まれたエース成瀬との開幕投手争いも「成瀬さんは辞めちゃうんですか?」とけん制球を投げつけ「当然やりたい気持ちはある」と大役へ意欲十分だ。正月早々、清田、神戸と結婚ラッシュが続くが「僕は全然まだまだ結婚したくないです」とキッパリ。22歳右腕は今年も野球一筋で初タイトルを目指す。

(スポニチ)


タイトル通りでいえば唐川は19勝、という計算になってしまいますが、しかしながら今年の春先から夏前にかけて、田中を上回る防御率で進んでいた唐川ですから、これが1番難しいし最大の課題なんですが、苦悶の夏場を乗り切りさえすれば、この19勝をいうのも見えてくるんじゃないか、そうも思っています。さすがに期待値が高すぎるんじゃないかとも思いますが、それでも可能性は決して0ではないですし、ずーっと言っていますが夏場、暑い暑い夏さえ元気に乗り切れば見えてくる数字だと考えています。
春先、3位辺りにつけて、食い下がれたのもひとえに唐川のお陰という部分がつよく、唐川が投げれば勝てるという状態にあったからこそなんじゃないのかなと、そうも思います。終わってみれば2.41の数字はいい数字ではありますが決して満足できるものではなく、あと0.5は縮められたんじゃないのかなとも思え、そうすると1点台も全然可能ですし、逆に来季は1点台位を目標にして貰ってもいいのかもしれません。紆余曲折は多少あるもののようやく12勝という結果を残すことが出来たし、まだまだ4年目ですから順調にドラ1が育っていると言っていいでしょう。まだまだ先は上、ということは唐川を知っている人間ならだれもが思うことであり、12勝の2.41で甘んじている場合ではありません。最低でも今季以上の成績は残してもらいたいですし、ロッテファンの希望として順調に伸びて行って欲しい2012年にしたいと思います。

そして記事とは関係ない成瀬に関しても、17勝、これは唐川よりも達成率は高いと思われます。最低でも勝ち越しと被弾数のマイナス6%でレッツ省失点を実践してもらいたい2012年であり、10勝っても10負ける投手というのは残念ながらエースではありません。しっかりイニングを食えること、1年間タフに投げ込められることなど、素晴らしい点はいくつもある投手であることは間違いないですし、ロッテを代表する投手であることは認めてはいるんですが、それでも2007年や2010年の短期決戦での素晴らしい投球を見るにあたって、もっとやれるのにとか、もっとできるのにとは思わざるをえないところがあります。こういう部分が涌井や唐川にちくちく言われてしまう原因のひとつなのかもしれません。誰にも何にも言わせない成績を、招き猫ではなく仁王様としてでーんと立つ存在に、そろそろなって欲しいと期待しております。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
これに藤岡と、ペンと、上野に俊介と・・。ああ、なんだ。優勝するじゃん。
最後にクリックして頂ければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見出しにあんな言葉を持ってくる辺りにスポーツ紙のネタ切れの苦しさと悪意とが少し見え隠れしていますが・・・。
登板間隔がしっかり決まっている今の時代の先発では、19勝はなかなか高いハードルだと思いますし、実際15・16勝くらいが最低条件&妥当なところだと思います。でも不可能な数字では全くないですよね~。むしろ去年が初のフタケタというのが能力からするとかなり意外な感じです。
おっしゃるように例年ペースダウンする夏場、ここを乗り切る体力と技術、そして身体を身につけてくれれば「エース」という存在までなれるでしょう。
成瀬にはまだまだ一日、いや数年の長がありますし開幕投手は成瀬がふさわしいとは思いますが、再来年はわかりません!成瀬にも「どどーん」とした存在感を発揮するようになって欲しいですね~。

タイトル

私もその記事見ました!
最多勝と防御率とではどっちが優勝に近いタイトルなのかなあ?
成瀬選手と唐川選手の野球観の違いかしら?と思ったり。
唐川選手は成瀬センパイのブログは必ずチェックしてるようで(笑)、「プロ野球ai」でもそのこと言ってましたよね。
でも成瀬センパイはナメられてる訳ではないと思いますよ~
大嶺ゆーたが(やはり)プロ野球aiで「怖いもの=成瀬さん」って解答してました(爆)
それにしても開幕投手奪取宣言したりタイトル宣言したり、だんだん唐川選手の「地」が出てきたなあと思って、楽しいです。
ルーキーイヤーに「ドラフト1位でプロ入りした以上、球界を代表する選手になって当然」と発言してましたし、いよいよ唐川ゆーき本性を顕したかと思うと…

まじ期待したいです。
唐川選手、出来ないことは決して口にしないので、自信あるんでしょうね。

今度は、唐川選手と、藤岡選手や中後選手との対談したりとかを見てみたいです。

藤岡選手は「成瀬さん♪」みたいだけど(笑)

開幕投手

唐川、成瀬どちらが開幕投手になるにしろ、オープン戦などで競い合って勝ち取る形で決めて欲しいですね。それなら、文句はないし。
唐川が最多勝で藤岡が新人賞ならおそらく優勝が近づくでしょう。少なくともCSには出られると思います。
今だと、先発は年間25試合程度しか登板できませんので、(勝ち負け無しが3~5試合程度あるとして)20~22試合ぐらいで18勝するとなると負けが必然的に2~4です。18勝4敗だとすると一人で貯金14ですから。藤岡が新人王取るとなると2桁は勝たないとダメでしょうから10勝以上でしょう。
とすると、負けは5ぐらい(新人がはじめから普通のローテーションと言うことにはならないと思うので18ぐらいの登板数として)だから貯金5程度、後は成瀬が貯金を5以上作ってくれると、他の投手は貯金ゼロでも80勝ぐらいしちゃう計算になります。
「取らぬ狸の皮算用」ですが、最多勝と投手の新人王だとそういうことになります。
藤岡が去年の巨人の沢村並みなら、両エース(成瀬、唐川)と藤岡、ペン、俊介で5人、小野、上野、大谷当たりであと1つを争う形なら先発は足りていることになるし、後ろは伊藤ちゃん、ロサ、薮田がいるので、中継ぎだけと言うことになるんですけどね。僅差の中継ぎ、負けパターンでもしっかり投げきれる中継ぎが欲しいですね。

まあ、それ以上に心配なのが打線ですね。ホワイトセルとサブローだけじゃあ・・・
ショートも不安だし。井口の使い方も微妙だし。春先(交流戦まで)と9月の調子が年間続くと良いんですけど、年齢的なものもあるので、休みを適度にとってと言うのができないものかと思うんですけど。

嬉しい心配は外野の定位置争いでしょうね。まあ、岡田は固定でしょうけど残り2席に伊志嶺、清田、角中、大松、サブロー、足が治っていれば荻野と。
他チームなら2チーム分の外野が出来る。それも、守備に関しては鉄壁に近い。
まあ、角中はDH、大松、サブローは一塁とDHも視野に入れているようですけど、そうなると、福浦、ホワイトセルと被るし、代打要因向きじゃ無いし。
それと、内野の控えが一塁以外がいなすぎですね。
サード今江がケガしたら誰?結局、ショート争いした細谷、根元、正人、高口、高濱当たりになるし、井口を休まそうとすると、同じメンバー。
みんな、「帯に短したすきに長し」でショート固定で出来なかった顔ぶれで大丈夫か?と思っちゃう。

ショートが普通に守れる普通以上の打撃が出来る外人が取れると良いんですけどね。
打率.280以上、ホームラン20本以上の外人が。
ホームランが30本以上なら打率.265ぐらいでも我慢しますが。

新年早々妄想と現実の狭間でいろいろ考えちゃいますけど(笑)

今年も一年、全快で応援しようと思います。
ま、それよりもうちはダブル受験生が受かってくれないことには話にならないのですけど。

No title

>BJさん

コメントありがとうございます。
う~ん、まあこの時期、なかなかスポーツ紙はネタ集めに苦労しているなあと思いますよね。まあ19勝なんて言うのは夢の数字であることは間違いなく、16勝してくれただけでも充分という感じですね。それでも19勝なんて非常に未来が広がりますし、夏場さえ乗り切れば不可能ではありませんよね。今季は開幕は成瀬でしょうが、お互い切磋琢磨してもらいたいですね!

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。
優勝に近いのはどちらなんでしょうね~。野球観によって様々でしょうね。でも成瀬はそうなんですか~。その大嶺情報は知りませんでした。比較的穏やかそうに見えても、嘗められては困りますからね。段々唐川の本性というか、地の部分が出てきており、そこは楽しみですね。今季の唐川に注目しつつ、若いマリーンズ投手陣の形成を夢見るシーズンにしたいですね!

>寿限無さん

コメントありがとうございます。
どちらにしろ、とにかくキャンプからアピールというか、競争で開幕投手を勝ちとるというのはいいことですよね。唐川・成瀬・藤岡・ペンに上野と、強い投手陣が形成されそうで、この辺は2ケタクリアできる力がありますので、そうなるとCSはグッと近づいてきますね。その獲らぬ狸の皮算用、嫌いではありません(笑)そういう計算すると非常に楽しいですよね~。そうなってくれれば優勝ですね。まあ内野の層というのは昔から格段に薄いので、ここは補強ポイントですよね。2011年よりは多少厚くはなるかなとは思っているんですが・・。今年も一緒に応援していきましょう~。W受験、応援しています!
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
232位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。