スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーあ、セも予告先発。あーあ

強きものには、挫けるしかないのか・・。弱者の意見通らず、か、つまらん!

セも予告先発 新規ファン開拓本腰

セ・リーグは8日、都内のホテルで臨時理事会を開き、予告先発制を今季の開幕戦から導入することを決めた。慎重な姿勢を見せていた阪神も賛成に回り、全会一致でまとまった。パ・リーグとの交流戦を含む全144試合で実施するが、ポストシーズンのクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズでは実施しない方針も固めた。

 観客動員が減少する現状に危機感を募らせるセ・リーグが、ファンサービスの一環として予告先発の導入を決めた。前回(1日)の理事会で態度を保留した阪神も、会議の冒頭で賛成を表明。6球団が足並みをそろえ、新制度の導入に合意した。

 集客への効果を示す確かなデータはなく、先発の読み合いを楽しみにしているコアなファンもいる。そういう否定的な声を踏まえた上で導入に踏み切った。理事長を務める中日佐藤球団代表は「先発投手の調整」や「メディアへの露出」をメリットに挙げたほか、「新規ファンの開拓」の効果にも期待を寄せた。同代表は「野球に詳しくない方、距離を置かれていた方に広く情報を提供しようじゃないか、ということ」と、力を込めた。

 パが行っているCSの予告先発については、阪神などの反対もあり導入を見送った。短期決戦ならではの楽しみを、ファンに提供するのが狙い。佐藤代表は「中2日や中3日での投球なども考えられる。シーズン中と同様のルールにすることは難しい」と、説明。日本シリーズについても、同様の理由で採用しない方向で意見が一致した。

 1年限りの試験的な導入ではなく、来季以降も継続していく方向性も確認した。佐藤代表は「効果についてはシーズン中、またはシーズン後に6球団で集まって検証していこうじゃないか、という話になった。しかし、原則的には来季以降も続けていきたい」と、腰を据えて取り組む構えを見せた。

 ◆予告先発の実施方法 基本的にパと同じ。前日の試合開始予定1時間前までに所定の用紙に記入、監督署名の上、各リーグ運営部へファクス送信する。試合前日が移動日、チーム休日にあたる場合は、午後3時までに手続きし、午後3時に発表。開幕戦は前日の午後1時までに手続きし、同日午後3時に発表される。先発予定の投手がアクシデントで登板不能となった場合などを除き、原則として発表後の変更はできない。メンバー交換時刻を過ぎてから変更となった場合、打順表の書き換えは認められない。

(ニッカン)

個人的には、もう本当にがっかり、これがもう揺るぎない本心です。
パはどうすれば人気が出るのか、そこを一生懸命考え、この予告先発を導入しました。確かにこの予告先発は、人気投手同士では観客動員も増えますし、その点で注目度が増え、ファンの獲得にも最終的には繋がった、そこは認めてもいいですし、この予告先発制度の大きな利点でもあると考えられます。しかしながら野球という競技そのものに関して、果たしてこれはいい制度なのか、いいルールなのか、その辺を考えればやはりノーを言わざるを得ません。野球は試合だけではありません。その前の戦略から始まっているのです。私は高校球児の時、サイドハンドの控え投手であり、チームには右の本格派、後輩の左の投手もいました。その中で春の大会、夏の大会時には恐らく相手も先発を読んで練習してきていたでしょうし、それで向こうの相手のウラをついて私が先発して強豪私立相手にいい試合を出来たり、逆に私が投げると読んで左が先発して好投したり・・。などそういうことがあったように思います。

戦力差があるから、こうやって相手のウラをかいたり、サプライズをしたりして少しでもいい試合にしようとする工夫、これも野球です。仮に社会人野球や甲子園に予告先発があれば、野球はもっと面白くなるでしょうか。性質が違うのは百も承知ですが、やはり面白くはないでしょう。あの5時20分のバッテリー発表、あれもひとつの楽しみであることに間違いはありませんし、セの野球の楽しさの一つでもあります。「偵察メンバー」というのは日本野球独自で出来た1つの象徴で、それがなくなってしまうこと、それも大いにあります。巨人なんかは誰が先発か解っていた方がいいに決まっていますし、それは最近だと阪神にも言えることと思えますが、いわゆる初物左腕が大嫌いな巨人にサプライズ先発を行う、これだって立派な戦略ですし、私が先ほど書いたような、戦力ではどうしようもできないから頭をひねってなんとか勝つようにすると、それも野球の魅力の一つであることは間違いありません。

「新規ファンのため」というまた好きそうなとってつけたような理由で始めるのがまた腹立たしいですし、予告先発で果たして新規ファンが獲得できるのか、はなはだ疑問ですが、逆に先発6番手投手同士のような試合では観客動員が減るリスクがあるというの当たり前の考えを取り入れてのものなのかどうか、そんなことまで考えてしまいます。
私はそろそろパも予告先発止めてみては、という風にも思うくらいでしたので、セのこの導入にはげんなりです。こんな私にごめんなさいさせてくれるような、予告先発で盛り上がるセリーグを今年は見させて欲しい、それだけが今の希望です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
3時間半ルール、予告先発・・。野球の面白み、はいずこ。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
434位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。