スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事な反撃に見事なリリーフ

たまげたたまげた。いやあ、たまげた。強い!


Bs 041 000 000 5
M 011 002 22x 8


2回、渡辺俊は北川にレフト線へ2ベースを打たれると、続くバルディリスにフェンス直撃のタイムリー2ベースを打たれて今日もバファローズに先制されると、伊藤のヒットで1・3塁になり、安達の犠牲フライで2ー0。そしてスケールズには右中間に打たれ、打球はフェンスオーバー。一気にこの回4点となる2ランを打たれてしまいます。
その裏に大松のタイムリーで1点を返しますが、3回表にはTー岡田にヒット、北川にフォアボールを与えると、俊介は降板。中郷が出てきますが、安達をフォアボールを出し満塁として、伊藤のショートゴロはバックホーム出来ず。5点目を許します。しかしその裏には井口のタイムリーで5ー2。またしても点の取り合いになります。
しかしそのあとはフィガロと中郷が踏ん張りそのまま進み、迎えた6回裏。井口のヒットにサブローがフォアボール、角中のボテボテのファーストゴロで1死2・3塁とすると、今江のセカンドゴロで5ー3。続く大松がセカンドへタイムリー内野安打を放ち5ー4とします。
7回裏、3番手吉野から福浦がヒットを放つと、根元の打球はライト頭上へ!第5号2ランで逆転!素晴らしいホームランで6ー5にし、益田が8回を抑えるとその裏、角中のヒットを今江が送り、里崎が敬遠ぎみに歩かされると、荻野貴司がレフトへ2ベース!1塁から一気に里崎が帰り8ー5!そして9回はきっちり内が抑えゲームセット!マリーンズが5ー1から一気に逆転し、鮮やかに勝ちました。


先発の渡辺俊は3回もたず、というかアウトを6つしか取ることが出来ず、そのまま降板になってしまい、昨日のグライシンガーに続き結果的に2試合連続で先発が2回KOという結果となってしまいました。降板時に非常に悔しそうな表情が印象的で、本人も思ったところにボールがいかないことにイライラしていたんじゃなかろうかと思いますが、それでもこの結果ですからやはり許されたものではありません。雨がシトシト降り続け、マウンドはぬかるんでボールは滑りやすくなったりと、確かに同情の余地はたくさんありますし、俊介の気持ちもわかることはわかるんですが、それでもぽっと出てきた若手でもなく、マリーンズの先発の中で一番のベテランなんですから、最低限試合は作って欲しかったというのは紛れもない本音で、逆に今日の状況で5回3失点であれば、俊介ご苦労様!と言っていいくらいだと思ったんですが・・・。残念なピッチングになってしまいました。
しかし逆転劇を演出したのは中郷と大谷で、3イニングを見事に投げた中郷と、連日の2イニングを投げた新鉄腕・大谷が7回まで投げ抜いたのは非常に大きく、結果7回を終えてリードという形にしてくれました。特に中郷は3回を最低限の失点で凌ぎ、3イニングを無安打ですし、大谷は今日もあっさり2イニングを抑えるもはや貫禄のピッチング。益田と内も安定感出てきてますし、リリーフは今日も素晴らしい内容で、逆転を演出しました。

打線も5ー1から逆転。6回に5ー4としたときに恐らく誰もが思ったと思いますが、あーまた追い付かない程度の反撃なのかなと思いましたが、今日は違いました。7回の根元の2ランは普段から強い打球が打てているからこその逆転ホームランで、間違いなく4月から成長をいます。進化スピードが早く9月には3割というのを期待してやみませんし、出来ない夢ではないという風に思います。荻野貴も素晴らしい当たりを打ってくれました。まだ復活!とは言えませんが、それでもこれが足掛かりになればいいなと思います。清田の調子も途中に代打を出されたりなかなか上がるようなところが見られず、荻野と清田のライト争いもまた活発化してきそうな気配です。サブローに角中、井口もバテずに頑張っていますから、是非明日。明日は吉見ですが、勝って欲しいと、カード勝ち越しをと、それだけです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
清田は4打席立たせて欲しいなあ・・。難しいですが・・。
最後にクリックしていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

首位と最下位との差

前日の試合と同様の事が起きても、この日は逆転勝ち。
前回のコメントではありませんが、勝ち運を持つ選手が居たという事かな。
今回はその選手が大谷だと思います。
こういう結果を見ると、大谷は試合を立て直す力を持っていると感じます。
同時に大谷は先発の白星を消してしまう力もあるので(笑)、あくまでもビハインドの時の登板は期待を持っても良いかな。
この辺をうまく起用してほしい。

この結果でオリの自力優勝が消滅となったようで、段々このような言葉が次第に下位から各チームに訪れる事になるでしょう。
こういう時の心理状況が穏やかでないのは言うまでもありません。
その直後の試合なだけに切り替えるのは容易でないし、今日の試合は負ける気がしませんね。
徐々にではありますが、首位としての恩恵がチームに来ているかもしれません。
もちろん、今後も良いプレーを続けることが条件ですが、次の10連戦の結果次第では首位独走状態も夢ではないか。
下位に居た頃の心理状況を良く知るロッテだからこそ、今居る状況に慢心せずにチーム向上に努めてほしいですね。

本当に強いのかも

なんだか昨日の試合を見ていると、本当に強いのかも?と思わせる試合でしたね。
こんなこと言っちゃいけないんでしょうけど、どうしても今の首位というのが疑心暗鬼になってしまうのは何故なんでしょうか?
負の面ばかり探してしまうような(苦笑)
勝ったのだから喜べば良いのに、俊介が心配だったり、グライシンガーで勝てないことに不安を感じたりが先に立っちゃいます。
今年は、ビッグイニングが少ないけど、2点ぐらいずつが続いて5点以上取れる事が多いので、打線として機能していると言うことなんでしょうね。
だから、井口が当たっていなくても回りが打つからそんな気がしない。そして、そんなこんなの内に井口に当たりが出てきたりして。サブローもそんなに打っている感じでは無いのに、四球が多くて得点に貢献できているし。まあ、根元と角中がコンスタントに活躍できているからいいのでしょうね。大松がだいぶ戻ってきているようだし、たまに里崎が大きいのを打つし、岡田は守備だけでも存在感あるし。鈴木も出てくればきちんと仕事をしている感じだし。攻撃はそんなに心配入らないかなって気がしてきました。

後は雨との戦いかも?今日も朝の段階ではイマイチ分からない感じの天気ですしね。
先発陣がイマイチピリッとしない意外はだいぶ調子が上がってきた感じがしますしね。

この後連戦ですけど、うまく勝ち越して(最低でも5分)でオールスター休みに入って欲しいですけど。(と言っても5人も出ちゃいますけど)

〉ちょろさん

コメントありがとうございます。
昨日は鮮やか過ぎる逆転勝ちでしたが、その立役者は間違いなく大谷でしたね。素晴らしいピッチングでしっかり試合を立て直しての今季初勝利は嬉しい限りです。段々と自力優勝消滅という言葉が飛びかいそうですね。今日はちょろさんの強気発言に選手は応えられませんでしたが、こういう試合もありますね。10連戦は本当に鍵になりそうですし、オールスター前に突っ走るためにも頑張ってもらいたいです。

〉寿限無さん

コメントありがとうございます。
何だか知らないうちに、といっては失礼ですが、首位固めを着々と出来ていますね。打線はやはり全員がきっちりとそれなりの仕事が出来ているというのが大きいと思います。誰かの穴をカバーする攻撃というのがきちんと出来ていますね。単打ながらもきっちりと得点に結びつける力はさすがです。オールスター前のひとふんばりですが、なんとか全員野球で勝ち越し、貯金を増やしながら前半を戦いぬいて欲しいですね。
プロフィール

tomten

Author:tomten
千葉ロッテマリーンズについて毎日、大分生まれ、千葉県育ちの私がつれづれ書いているブログです。



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

訪問していただいた際、お好きなバナーを1つでもクリックしていただくと嬉しいです。(それぞれのランキングページに飛びます。)

ツイッター始めました~。tomten45でやっています。よろしければそちらもよろしくお願いします!
※当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合は教えていただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶろぐ村ランキング
リンク
プロ野球freak
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
298位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。